不動産一括査定サイトで本当にいいの?そのメリット・デメリット。 | 住建ハウジング

不動産一括査定サイトで本当にいいの? そのメリット・デメリット。

一括査定のメリットとは?

家の売却を考えた時、まず何をしますか?
とりあえず知りたいのはお持ちの不動産の相場価格でしょうか。どれくらいの価格を想定していればいいのか知っておく必要があります。
また、日ごろから不動産会社とお付き合いのある方は少ないので、不動産屋を探さすところから始めなければいけません。

そこで最近は、ネットの「不動産一括査定サイト」を利用する人が多いようです。
「不動産一括査定サイト」は、売却したい不動産の情報を入力して、一度に数社の不動産仲介会社に価格査定を依頼できるサービスです。
物件の場所や大きさなどの簡単な入力で相場価格がわかりますし、何社もの不動産会社と接触を持つことができます。 このような一括査定サイトがネット上にはいくつも見られようになりました。
ただ、一括査定にはメリットと同時にデメリットもあることを理解しておく必要があります。


【一括査定のしくみ】

一括査定にはデメリットもある?

便利そうに思える「不動産一括査定サイト」ですが、デメリットもあるのをご存じでしょうか。
限定された登録会社による査定は、見極めが難しくなります。
一番高い査定額をつけた会社が一番良いわけではありません。 査定額はあくまで目安の予想適正価格であり、その金額で売ることを約束するものではないのです。
ネット査定は、過去のデータから金額を算出する「机上査定」が主です。
ここで高めの金額が提示されても、実際に物件をみた「訪問査定」では様々な理由から価格が下がることがあります。
他社との差別化のために、ひとまず高い査定額を出す業者もあるので注意が必要です。

一括査定に登録されている会社の多くは全国的に展開している大手不動産会社です。
確かに安心感もありますし、高い査定金額を提示してくれそうです。
しかし、全国の物件を扱う会社は知りたい地域に精通せず、薄い査定しかできないかもしれません。
エリアや物件種別などによっては不得意分野の可能性もあります。 利用者数も多いので、個々への臨機応変な対応は望めない場合が多いです。

また、売る営業力がない不動産会社の場合、結局買い主を見つけられず値下げを勧めてくるか、何もないまま媒介契約期間を終えることも少なくありません。

一括査定は逆に面倒?

「不動産一括査定サイト」は数社の不動産会社から同時に査定の連絡がきます。 そしてどこの会社も他社に負けじと、一秒でも早く少しでも査定額を高くという姿勢で営業をかけてきます。
その全てに対応するのは結構ストレスがかかります。
対応、確認、比較、選択、断り、という作業を5~6社分行うことになるのです。
納得できる査定を提示し、誠意のある対応をしてくれそうな会社を見抜いて選ばなければなりません。

【不動産一括査定のメリット】

  • ・手軽に申し込みできる
  • ・相場の確認ができる
  • ・複数の査定価格が確認できる
  • ・会社の対応を比較検討できる

【不動産一括査定のデメリット】

  • ・登録している不動産業者が限定される
  • ・正しい査定額の判断が難しい
  • ・利用者数が多いので個別の対応が難しい
  • ・複数の業者からの連絡に対応しなければならない

不動産会社を選んだ「売却査定」の場合

初めから1社を選んで「売却査定」をした場合はどうでしょう。
お持ちの不動産あるエリアで実績のある不動産屋を選んでください。
地域密着型の不動産会社は、独自のコネクションをもっています。 住み替えで同じエリアの住居を探している方は多いので、その地域での知名度が高い会社は有利です。
また、マンションか投資用物件かなど、得意分野にはまっているかも重要です。
物件種別や用途によってノウハウがあり、営業力も違ってきます。 その会社のホームページを見て、力を入れているエリアや物件をみてみてください。


【不動産会社を選んだ売却査定のしくみ】

信用を計る目安「宅建免許番号」

もちろん信用できる会社かどうか、その実績を確認する必要があります。
確認する方法として、例えば「宅地建物取引業免許」があります。
これは国土交通大臣が発行する免許で、不動産業を営もうとするものは必ず取得していなければなりません。
この免許は「国土交通大臣免許(○)第△△△△号」というように表示されます。
カッコ内の数字(○)は免許を更新した回数になり、数字が大きいほど歴史ある業者となるわけです。
免許の更新は5年ごと。
つまり(1)なら開業6年未満の会社になります。(3)なら16年以上営業しているな、というように判断できます。
個人事業者から法人化をした場合や他の都道府県移転した場合など、番号がリセットされることもあるのでこの番号が全てではありませんが、信用を計るひとつの目安になります。 本当に信用できる不動産業者をみつけて、トラブルなく売却を成功させましょう。


【宅地建物取引業免許番号】

東京の不動産売却なら住建ハウジング

以上を踏まえて、1977年創業の信頼と実績を誇る住建ハウジングで売却をご依頼の場合をご紹介します。
東京都心地域密着で、土地、マンション、戸建ての売買に携わってまいりました。
住み替えをお考えのお客様も、ひとりの営業担当を通してやりとりが煩雑にならずに進めることができるようになっています。
事業用投資物件のお取り扱いも多く、たくさんのルートをもっています。 例えば居住用としてだけではなく、投資用をお探しのお客様をご紹介したり賃貸として貸す方法も選択肢として取り入れることができます。

業者の「囲い込み」に注意

不動産の売却を任された不動産会社は、自力で買い手を見つければ売り主と買い主の両方からそれぞれ手数料を受け取ります。 しかし別の会社の仲介で買い主が決まった場合、受け取れるのは売り主からの手数料だけです。
このため、別の不動産会社から物件に関する問い合わせがあっても対応せずに、物件を自社だけで囲い込んで手数料を確保しようという手口が「囲い込み」です。

お客様の利益より自分の成績を優先し、営業マン個人の身勝手な判断で「囲い込み」を行う。それにより、なかなか買い主が見つからないというケースがあります。

住建ハウジングは個人で不動産情報を管理するといったことは避け、会社全体で不動産情報を一元管理し、チームワークで一刻も早くベストな買い主様をご紹介できるよう全社一丸となって取り組んでいます。

〈参照〉「囲い込み」と「売り止め」をご存じですか?

住建ハウジングでの査定から不動産売却の流れ

まずネットや電話で「無料査定」を申し込みます。
しばらくするとメール等で簡易査定結果の連絡がきます。
そこで、担当営業スタッフが付き、訪問査定や詳しい聞き取りをすることで売却価格を決定します。
ご納得いただいたら仲介の媒介契約を結び、販売活動を開始します。
販売の方法は、SUUMOやHOMESなど大手ポータルサイトへの掲載はもちろん、毎月20万人が訪れる自社ホームページや各種SNS、ネット広告、動画、チラシ、各エリアの路面店など、多岐にわたります。
顧客を見つける営業力とサポート体制には定評があります。 ぜひ住建ハウジングとお付き合いいただき、不動産売却を成功させてください。

まずはここから!無料オンライン査定
※査定対象は東京都心部のみとなります

  • 物件種別
  • 区を選択
  • 町を選択
電話でのお問い合わせ
0120-172-1110120-172-111
【営業時間 9:00~19:00】(定休日 水曜日)
東京の売却物件おまかせください!
1分で完了!無料オンライン査定に申し込む

ページトップへ