不動産の税金
[記事公開日]:2014/08/22[最終更新日]:2020/01/25

都市計画税 保有

市街化区域内に不動産を持っているときにかかる税金

都市計画税

都市計画税とは

 固定資産税に加えて、都市部の市街化区域内の不動産所有者に対し、別途かかる税金のことです。都市計画税の対象者や税額の計算方法などは固定資産税とほぼ同じで、その最大税率は0.3%です。

 納税方法は、不動産の所在地の市区町村から毎年5月ごろに届く固定資産税の納付通知書に併せて金額が記載されており、固定資産税と一緒に納付することになります。

課税標準(固定資産税評価額)×税率(0.3%)=税額

都市計画税の軽減措置

都市計画税には住宅用地に対する軽減措置があります。

(1)一般住宅用地・・・固定資産税評価額を3分の2の額へ

(2)小規模住宅用地・・・固定資産税評価額を3分の1の額へ

詳しくは下記リンク先にご確認ください。

固定資産税・都市計画税の特例はこちら⇒






お勧め物件一覧
都営大江戸線
牛込神楽坂駅
7,500万円
マンション
東京メトロ千代田線
北千住駅
5,980万円
一戸建て
東急田園都市線
駒沢大学駅
4,980万円
土地
京王線
千歳烏山駅
5,080万円
マンション
都営三田線
御成門駅
4,300万円
一括ビル
東急多摩川線
下丸子駅
3,880万円
土地
東武伊勢崎線
東向島駅
5,280万円
一戸建て

ページトップへ