不動産の税金
[記事公開日]:2014/08/22[最終更新日]:2020/07/05

消費税 取得・購入賃貸

モノの消費やサービスに対してかかる税金

消費税とは

 商品・製品の販売やサービスの提供などの取引に対して課税される税金が消費税です。売買価格またはサービスの対価に対し、10%(うち2.2%は地方消費税)の税率で課税されます。原則として事業者が納める税金ですが、商品などの価格に上乗せされ、最終的には消費者の負担となります。


消費税率引上げ


 不動産関係の課税、非課税については以下の通りです。 


項目



・土地の売買 ×
・庭石や庭木を宅地と一緒に売買する場合 ×
・土地の貸付 ×
・貸付期間が1ヶ月未満の土地の一時貸付
・グランドやテニスコートなど施設の利用またはサービスの提供を伴う土地の貸付
・駐車場としての用途に応じて、地面の整備、フェンス、区画、建物の設備等を行っている場合
・マンション等で賃料に含めて受領する駐車場料  
 イ.車所有の有無にかかわらず1戸につき1台分以上の駐車場が付属する場合 ×
 ロ.イ以外の場合(合理的に料金を区分する)
・賃料とは別に受領する駐車場料



・建物の売買
・サラリーマン等一般の人が住宅を売る場合 ×
・住宅の貸付 ×
・貸付期間が1ヶ月未満の住宅の一時貸付
・住宅以外の建物の貸付
・住宅以外の権利金、礼金、保証金、敷金(返還しないもの)
・住宅以外の権利金、礼金、保証金、敷金(返還するもの) ×
・住宅以外の建物の貸付に係る管理費、共益費


・不動産の仲介手数料
・不動産の登記料 ×
・不動産の登記時に司法書士に支払う手数料
・融資手続きの手数料
・管理組合が徴収する管理費、組合費、修繕積立金や敷地内の駐車場等をマンションに住んでいる人が使用する場合の使用料 ×
・マンションの管理を管理会社に委託している場合に支払う管理委託料

消費税の増税

 令和元年10月、消費税率10%へ増税されました。住宅の売買や新築などで消費税が課税されるのは、住宅の引き渡し時点です。もし、注文住宅などで工事請負契約を2019年3月31日以前に締結しているような場合は、これから引き渡しでも税率8%が適用されます。

消費税率の適用スケジュール

税負担軽減のための特例

消費税率引き上げの影響による負担の軽減措置のため、住宅ローン控除の拡充などが実施されています。くわしくは下記のリンク先をご確認ください。
「住宅ローン減税」→





おすすめ物件一覧
京急本線
六郷土手駅
5,780万円
一括マンション
京王井の頭線
西永福駅
5,780万円
土地
東京メトロ千代田線
乃木坂駅
7,980万円
店舗
東急池上線
荏原中延駅
9,800万円
土地
JR山手線
目黒駅
5,150万円
マンション
小田急小田原線
下北沢駅
6,980万円
土地
東急田園都市線
駒沢大学駅
8,980万円
土地

ページトップへ