東京都心の高い実力!だから落ちない都心の価値

 「世界の都市総合力ランキング2020」(森記念財団都市戦略研究所発表)によると東京が昨年に引き続き3位とトップ3に入った。上位の顔ぶれは1位ロンドン(9年連続)、2位はニューヨーク、3位東京、4位パリ、5位シンガポールと順位は前年から変わっていない。

 世界の都市総合力ランキング(GPCI)は、世界主要48都市を選定し、主要な6分野(経済、研究・開発、文化・交流、居住、環境、交通・アクセス)全70項目と、都市活動をけん引する5つのグローバル・アクター(経営者、研究者、アーティスト、観光客、生活者)の視点に基づき、それらの都市の総合力を評価。2008年からスタートしてして今回13回目となる。

 「ロンドン」は9年連続で1位を維持しており、EU離脱後も大きく総合力が上昇。特に「文化・交流」の数字が強い。「ニューヨーク」は「経済」「研究・開発」で強みを発揮し、「研究・開発」 は12年連続で1位を維持しているという。一方「東京」は、ほぼ横ばいの結果で、ロンドンとニューヨークとの差が開いた。「経済」の「優秀な人材確保の容易性」でスコアを落としたという。ただし「環境」の「都市空間の清潔さ」、「交通・アクセス」の「国際貨物流通規模」では、スコアが上昇している。

◆世界の都市総合力ランキング2020
1位:ロンドン
2位:ニューヨーク
3位:東京
4位:パリ
5位:シンガポール
6位:アムステルダム
7位:ベルリン
8位:ソウル
9位:香港
10位:上海

 それでは、東京都心の実力は実際の暮らしにどのように結びついているのでしょうか。東京都心の価値が落ちない理由を以下のカテゴリーごとに見ていきます。

都市機能
住まい
景観
カルチャー
子育て・教育
公示地価