東京都心のカルチャー!だから落ちない都心の価値

1.ファッション・アートの発信地

最新のファッションやアートが身近にある

CUTE CUBE HARAJUKU 表参道や原宿、六本木など流行発信地が集まり、アートなデザインが溢れているのが都心。そして、世界からもっとも注目されているのが原宿。「kawaii」を合言葉に外国人に原宿系ファッションが大人気です。
 経済産業省はクリエイティブ産業をクールジャパンに結びつけるため、流行を発信する海外のメディアやブロガーといったインフルエンサー招聘事業に力を入れています。また、都心には世界各国の著名な絵画などを鑑賞できる美術館も豊富で、日本にいながら一流アートを愉しむことができます。

2.音楽・伝統芸能の鑑賞機会が多い

新歌舞伎座 世界各国の著名な劇団やオーケストラなどの演劇や演奏を披露する箱が都心に集積しており、日本にいながら、世界一流のクラシックやオペラ、ミュージカルなどを堪能できる機会に恵まれています。

 都心居住ならば、仕事が終わった後、気軽にコンサートに行って、終演後食事をして帰宅するといったライフスタイルを愉しむことができます。

 また、歌舞伎や能などの伝統芸能を鑑賞できる劇場が集中しており、日本文化を身近に感じ、教養を身につける機会も多いです。

ホール名 主な特徴
中央区 歌舞伎座 明治22年開設、歌舞伎の本拠地。登録有形文化財。
新橋演舞場 時代を超えて伝統を受け継ぐ演舞場
渋谷区 国立能楽堂 能楽の保存と普及を目的に開設。能・狂言の上演なども
新国立劇場 オペラ、バレエ、現代舞踏など現代舞台芸術を公演する劇場
千代田区 国立劇場 歌舞伎・文学・日本舞踏ほか日本の伝統芸能を上演
港区 サントリーホール アークヒルズの一角にあるコンサート専用ホール
台東区 東京文化会館 世界中の著名なアーティストが集まる東京上野のコンサートホール