東京不動産(一戸建て、土地)|1977年創業の信頼と実績

渋谷区の不動産をご購入されたY様

動画を視聴する

Q.ご購入のきっかけは?

今回、決定的になったのは手狭になったということと、やはりコロナの影響で自宅をオフィスとして使うリモートワークが増えたということが大きいですね。

投資用も含めて元々幾つか物件を持っていて、アトリエ兼書斎、兼倉庫みたいに使っているところもあって、コロナで自宅にいることも多くなったのでそれをまとめた方がいいかなというのも一つの理由です。

Q.ご希望条件は?

渋谷区上原に二十年以上住んでいるので、この近辺であること。西原・上原・大山町のどこかであるということがまず一つの条件でした。

後は程度の土地面積ですね、一戸建てで探していたので最低でも四十坪前後というのを考えていました。アトリエとしても使いたいので場所と広さが大きな条件でした。

Q.住建に問合わせたきっかけは?

この近辺に住んでいると目立ちますし、最近では広告もよく見掛けるので知っていました。なので直接店舗に伺いました。

また、友人が賃貸でお世話になったこともあったし、今回担当してくれた営業の方がすごく優しくしてくれたので主にお任せすることにしました。

Q.マイホームと出会った経緯

営業担当者から提案していただいたものは全部で4件ぐらいはあったと思います。それとは別に、自分たちで歩いて見て回る中で他の業者さんがオープンハウスをしている物件があって内覧したんです。

以前のオーナーの方が海外の方で、アパレル関係で起業されていた方だったらしく、すごく内装が心地よい作りだったんです。リフォームなども必要ないくらい、使い心地が良さそうだったので、妻とこれはいいねと話していました。それで以前から既知の担当者に間に入ってもらえるようにお願いをしました。

Q.購入までの日数は?

その家を初めに見てから取得するまでは、半年ぐらいです。考える時間が色々あったので、その間にも担当者と見に行った他の物件もありました。でもやはり、色々見ている中であの家が印象に残っていたことと、少し値引き交渉にも対応してもらえたというのもあって、それなら購入しようかという流れになりました。

Q.気に入ったところは?

外観のデザイン性と、適度な広さで使い勝手が良いところです。室内もお洒落で、すっきりとしたデザインなので、後々増改築等もしやすそうな作りだったのも一つの決め手になりました。

Q.営業担当者の印象・評価

第一印象は、すごく親しみやすくて我々夫婦の身に寄り添ってくれるような接客が良かったです。不動産屋さんも色々あって、営業メインで若い方がガンガン押してくるというのを嫌がる方も多いと思います。でも担当者は、全く逆だったし、これは誉め言葉なのですが、ある意味のんびりペースというのも私たちに合っていました。当然ビジネスパーソンとしての礼儀等はきちんとしていました。

Q.住建グループ全体の印象は?

明るくて元気な印象がまず大きいです。初めて認知したのは、90年代で、以前大山町に住んでいた頃、会社の裏側から朝礼をしているのがいつも見えていました。あの朝礼の姿も、今どきは珍しいと思いますし、逆に元気があっていいなという印象がありますね。それから今回の担当者もそうだったのですが、他の営業マンの方も思ったよりも押しが強過ぎないというところがいいなと思う印象です。

Q.不動産購入で大切なことは?

共通するのは、自分たちの身の丈にあったというか無理をしないということですね。無理をしないというのは当然まず第一に経済的な意味です。その中でよく検討して自分たちの払える範囲と、自分たちの将来の設計を照らし合わせることが重要です。これは投資でも自宅用の消費として使う不動産の購入でも同じだと思います。

次に「流行り廃り」や「相場の上下」には振り回されがちですけれど、ある程度参考程度にして自分たちがどこまで本当にそこに合うかどうかとか、自分が好きかどうかっていうことをすごく重要視した方がいいなと思います。

後は、やっぱり転売しやすいかどうかというのは常に考えておきたいですね、その次に何があるか分からないので。周りのプロの方にも聞きながら、その先の資産価値ということを考えた方が良いと思います。

 







ページトップへ