東京23区の世帯年収ランキング

日本における平均所得水準をご存じでしょうか。全国の平均所得水準は321万円ですが、これは地域によってかなりばらつきがあります。
多くの仕事と人が集まる東京23区は、所得水準の平均額が一気に上がって429万円となっています。
では、東京23区内の所得格差はどれくらいあるのでしょうか。
下記が、2012年の東京23区の「所得水準」トップ10となっています。
なお、所得水準とは、納税義務者1人あたりの課税対象所得額で、源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」となります。
ですから、給与の平均額面は下記の金額よりさらに高くなります。

東京23区の「所得水準」ランキング

1位 港区 904万円
2位 千代田区 763万円
3位 渋谷区 684万円
4位 中央区 547万円
5位 文京区 546万円
6位 目黒区 527万円
7位 世田谷区 503万円
8位 新宿区 475万円
9位 杉並区 445万円
10位 品川区 426万円

※区名をクリックすると物件が検索出来ます。

※参考 総務省「統計でみる市区町村のすがた」

ランキング解説

平均年収は904万円の港区が最も高く、続いて2位は千代田区で763万円、3位は渋谷区で684万円となりました。

1位となった港区は、六本木ヒルズや青山赤坂麻布といったハイステータスな人材の多くが居住地としていることから、このような結果を生み出しているといえます。

2位の千代田区は、霞が関や永田町といった国政を司るエリアであるため、周辺には政治家の事務所や地方公務員などの宿舎なども多く点在していることが、上位にランクインした要因と考えられます。
また、麹町、番町界隈といった高級住宅地に住む官僚や高所得者もいるためだと思われます。

駅前再開発真っ只中、3位になった渋谷区は、松濤などの高級住宅街を抱える区であるとともに、芸能人や著名人も多く住んでいることから上位に入っていると推測されます。

この3区はいずれも、ビジネスや経済の拠点ともいえるエリアであり、現在もさらなる地域発展をし続けているという特徴を持っています。
また、交通アクセスの良さといった魅力もあることから、住み家とする高所得者が集まり、平均世帯年収を高める要因となっているのではないでしょうか。

ちなみに、23区の最下位は足立区で、所得水準は全国平均とほぼ同じ323万円となっています。
1位の港区の約3分の1と、大きな差が生じています。

これから住むならこの地域がおすすめ!

さて、現在住んでいる地域はランキングに入っていましたか? 

なんとなく高いというイメージを持っていた東京23区の所得水準ですが、数字で見ると改めて実感するのではないでしょうか。
東京23区への引越しを検討されている方は、自分の生活水準を鑑みて、住むエリアを決めてみるのもいいかもしれませんね。

住建ハウジングでは、都心を中心にマンションから一戸建て住宅まで魅力的な優良物件を多数ご用意しております。
都内で不動産を購入する予定のある方は、ぜひ物件一覧のページをご覧ください。

東京都で不動産のご購入をお考えの方はこちらから物件をお探し下さい。