住宅ローンを取り扱う金融機関

住宅ローンを取り扱う金融機関は様々で、それぞれに特徴があります。融資が下りやすくするためには、利用者の属性や取引の案件によって最適な金融機関を選ぶ必要があります。

金融機関の種類

1.都市銀行

都市銀行は大都市に本店を置き、営業を全国展開していて知名度があります。一般的には「みずほ銀行」「三菱UFJ銀行」「三井住友銀行」「りそな銀行」「埼玉りそな銀行」の5行を指します。
都市銀行の特徴は、属性や担保評価などバランスよく平均点以上を求められます。特に属性が重視され、属性によっては担保評価を大きく上回る融資額が可能となります。また、住宅ローンを専門で扱うローンセンターがあり、手続きや審査が速いです。

ポイント

属性重視

手続きや審査が速い

2.地方銀行

普通銀行のうち、都市銀行と信託銀行を除いたものの通称。その名の通り同じ地元の顧客や案件に対しては、属性・担保評価など都市銀行以上の評価が得られる場合があります。規模が大きな大手に比べると、来店時の親切丁寧な対応やサービス面が高い評価です。ただ、都市銀行と比較すると若干金利が高く、審査にも時間がかかり気味です。

ポイント

属性重視

地元顧客に対しては属性、担保評価が高くなることもある

3.信託銀行

信託銀行とは、通常の金融業務の他に「信託業務」を行う銀行のこと。簡単にいうと信託業務とは、人の財産を預かって運用し、得られた利益を還元する業務です。扱う財産は金銭、有価証券、不動産などです。相続対策や資産運用の相談案件、複数の不動産を所有する地主や収益ビルオーナーの融資に強みがあります。審査に関しては、やはり「属性」が重視されます。

ポイント

属性重視

相続や事業用関連に強い

4.信用金庫

銀行が株主の利益を最優先する営利法人であるのに対し、信用金庫は会員の出資による協同組織の非営利法人であり、地域の会員や利用者の利益が最優先される金融機関です。住宅ローンに関しては、銀行では取り扱いが難しい中小企業の経営者、自営業者の案件も柔軟に対応します。また、無担保住宅ローンなどのような、他にはない独自の商品を取り扱う信用金庫もあります。

ポイント

中小企業や自営業者向け

独自商品の取り扱い

5.信用組合

信用金庫と同様、同じ組合員の出資による協同組織の非営利法人です。ただし、信用金庫が中小企業、個人と業務範囲に制限がないのに対して、信用組合の場合は、原則、業務は組合員が対象です。その為、住宅ローンに関しては、他の金融機関で難しい案件でも、組合員である中小企業や個人事業者ならば柔軟に対応してもらえます。

ポイント

中小企業や自営業者向け

組合員にはより柔軟に対応

6.ノンバンク

ノンバンクは預金業務を行わず、融資業務のみ専門で行う企業です。他の金融機関と比べて金利が高いですが、「担保」を最も重要視し、担保次第では他の金融機関で審査対象外となる案件でも受け付けてもらえることができます。その為、過少申告の自営業者、過去に延滞履歴のある人に向いています。

ポイント

担保次第で柔軟な対応が受けられる

審査対象の制限が低め

7.ネットバンク

ネットバンクとは、支店や店舗を持たず、業務のほとんどをインターネット上で行う銀行です。店舗運営費や人件費を抑えることで、一番の特徴である金利の安さを実現します。ただ、融資の申し込みという複雑な手続きが、ネットや郵送のみの対応となるため、追加書類の対応や審査に時間がかかる場合があります。さらに、非承認の場合も機械的に伝えられるため、相談しながら進めたい複雑な案件には不向きです。また、ネット銀行の場合はローン特約を認めない不動産業者も多く、注意が必要です。

ポイント

金利が安い

オンラインで完結するので手軽

複雑な事情のない簡単な案件向け

8.モーゲージバンク

モーゲージバンクとは、住宅ローンを専門に取り扱う金融機関です。
住宅金融支援機構の「フラット35」の半分以上を扱っています。預金を原資として貸し出す銀行とは異なり、住宅ローンを証券化して調達した資金を用いて貸し出しを行います。
利用者が給与所得者で既存借り入れもなく、案件に特別な事情などない場合は、計画的に手続きを進められます。その為、ローン担当者と入念に相談しながら進める案件には不向きです。

ポイント

住宅ローン専門

フラット35を多く扱う

複雑な事情のない簡単な案件向け

9.労働金庫、JAバンク

労働金庫は労働組合や生活協同組合の組合員、JAバンクは農業従事者の組合員で融資の申し込み要件を満たせば審査は緩く、好条件で利用することが可能です。どちらとも組合員であれば融資が強いという特徴があります。

ポイント

組合員ならば審査がゆるく融資に強い

住宅ローンの窓口の違い

住宅ローンの申込方法は主に、①不動産会社に依頼する、②銀行に直接相談する、③ネットで申し込むの3つがあり、それぞれにメリット、デメリットがあります。

  メリット デメリット
①不動産会社に依頼 調べる手間が不要 選択肢が狭まる
②銀行に直接相談する 銀行員に相談できる 銀行を自分で探す手間
③ネットで申し込む 他と比べて低金利 対面の相談ができない