戸建てを購入して後悔した4つの事例!戸建て購入の成功事例と後悔しないためのポイントも紹介!

住宅購入で後悔したこと

一戸建ての購入は、人生でもっとも高額な買い物といわれることも少なくありません。数千万円の買い物になることが多いからこそ、後悔しないよう慎重に検討するのが大事です。ここでは実際に戸建てを買って後悔した事例を4つ紹介し、後悔しないためのポイントを紹介します。

戸建てを購入して後悔した4つの事例

落ち込む男性

はじめに、一戸建てを購入して後悔した4つの事例を紹介します。

間取りや部屋の広さに後悔

注文戸建てに住んでます。リビングイン階段は熱効率悪いのでもしするなら扉必須です。洗濯→乾燥(外干しでも部屋干しでも)→収納の動線がスムーズになる間取りをオススメします!!我が家はどちらも住んでからやれば良かったと気づき後悔しています(笑)

引用:りぃりぃりぃ☺︎3y👧&1y🐘@rrrto_kodomo

うちは戸建なんですが、まさに二階に寝室があり、一階リビングを広くした結果和室や別室がないです…。二階で寝させるとミルク作ったり手を洗ったりするために一階に降りなくてはならず不便極まりないです…。せめて二階に手を洗える場所をトイレと別に作ればよかったと後悔してます…

引用:ふーさん3y&3m@syokuyoku_mugen

実際の生活をイメージせず値段や立地だけで判断すると、住んでみたときに思わぬ不満が出てくることもあるので注意してください。

一戸建ては購入後に不満が出ても、簡単には引き払うことができません。購入前に、間取りや部屋の広さはしっかりチェックしましょう。

老朽化が進んでいて後悔

中古の戸建て購入した場合、老朽化が進んでいて後悔することがあります。

最近田舎にある古民家を安いからって飛び付いて購入して詰んでる人の話がちらほら

基本的にフルリノべクラスの大改修されてない古民家は普通の中古住宅の感覚で買うと本当に後悔します

残置物多いし水まわり、電気全改修だし広いから修繕費も嵩む

古民家を買う側も健全な覚悟と正しい認識が必要

引用:さあやん@島根県松江戸建大家@matsueakiyasuki

「安いから」という理由だけで購入すると、フルリノベーションが必要になり修繕費がかさむ可能性があります。安くて古い物件は、老朽化の具合をよく確認することが大事です。

周辺環境に後悔

家だけでなく、周りの環境について後悔する人も少なくありません。

弟家族は川沿いの戸建てに住んでいましたが、
一昨年の台風で川が増水して玄関が浸水したのを機に、川から離れた場所に新しい家を建てました。
これもある意味、避難行動になるのかな。

#ちょうどいいラジオ
#避難情報

引用:港南のゆたろう@kohnannoyutarou

このように、川沿いは台風による浸水被害に遭うことがあります。他にも、スーパーやドラッグストアが遠いなどもあると、普段の生活がしづらくなることもあるでしょう。

周辺環境もしっかりチェックするようにしてください。

ローンが高くて後悔

気に入った家を購入しても、ローンが高すぎると後悔することになります。

3年前に戸建て購入し、後悔してるうちのひとりです😭笑
素敵な家に住めてるのは嬉しいのですが、
今どれだけ頑張って資産増やしてもローンが残る…
過去査定してもらって±0ぐらいでしたが、他も査定してもらってみます😌

引用:cak@caknopage

たとえ素敵な家に住めても、ローンのせいで生活が成り立たなかったり、家を手放さなければいけなくなったりしては元も子もありません。ローンは過度な負担なく支払えるように組みましょう。

戸建てを購入して良かった5つの成功事例

一方で、戸建ての購入は後悔した声ばかりではありません。ここからは「購入してよかった」という成功事例を紹介します。

部屋が広くなった

戸建てはマンションと比べて、平均して20平米以上広くなります。そのため、戸建てを購入して「部屋が広くなった」と感じる人が多いのです。

一方で戸建ての良さも再認識。まずトイレ2つあるの神。夫婦二人暮らしでもトイレの取り合いが発生するのに子供が大きくなった時どうなるのかと今から不安視してる…。あとこれは地方だからかもだけど部屋が広い。子供部屋で8畳2WICロフト付という恵まれた環境だったと今更気づく。今の寝室より広い…😂

引用:ずぼらーヌ@zuboraol1440

厚木の駅から少し離れたところで戸建てに住んでて良かったと思うこと。
夜中でもそれなりの音量でギターアンプから音出せる。娘は広い部屋でダンス練習出来る。買い物帰ったら玄関前の車から荷物下ろせる。空気がうまい。リビングに家族が集う。東京は遠い。山が近い。花粉は友達。。。

引用:Nugi@NUGI_RODs

庭が出来た

庭があるのは戸建てならではのメリットです。マンションの場合、庭が付いてくるとは限りません。

家庭菜園したり子供が遊べる庭がほしいと考えたりする人にとって、戸建ては大きなメリットといえるでしょう。

七輪、炭で焼くと美味しくなりますね。酒が進む〜!七輪やってても迷惑にならない戸建ての庭、最高。

引用:トオル ナガミネ🪴@副業盆栽@bonsaibossa

騒音を気にしなくて良くなった

マンションの場合、階下や隣人へ迷惑をかけないように騒音に気を付けなければなりません。

戸建ての場合、建物に自分の家族しか住んでいないため、相当な音でなければ隣人に迷惑をかけることはないでしょう。

我が家の猫達も夜中に運動会するわ見回りで鳴きまくるわだから戸建てに住んで本当に良かったと思う。
うるさいのが猫と子ども合わせて4生命体だから集合住宅やったら私が気疲れする。。

色々と許されるのであれば、今の3倍くらい広い家で猫も子どもも自由気ままに過ごせる環境にしたいのう。

引用:かろくり@karokuri

隣人の生活音が気にならなくなった

マンションの場合、隣人の生活音などが気になることもあります。トラブルになる恐れがあるため、「注意しにくい」と感じる方も少なくありません。

一戸建てであれば、よほどのことがない限り生活音は気になりません。

今まで社宅のレオパやアパートを転々として引越すたびに幾度と無く隣人の騒音やイビキとか生活音に悩まされてきたけど…
戸建てに引越してからそれが皆無(*´ω`*)!!アパートだと部屋に居るのが嫌だったけど今は居心地良くて引きこもりつつある(笑)経済的にかなり無理したけど、借りて良かった!

引用:しもしも@stdxxsEDYRwfr9j

資産価値が上がった

戸建ては購入後に価値が上がることもあります。資産価値が上がった場合、家を売って老後の資金にすることもできるでしょう。

賃貸は建物自体の価値が上がったとしても、借りている人になんのメリットもありません。

自分の場合かなり戸建て買って良かったパターンだと思う。土地2400の建物700で買えた。土地の形もかなり良く地方都市で土地の価格も毎年上がっており特殊な地域。バブル時代より上がっている。建物は売れ残っており値下げで500下がっていた。売れ残りの理由は間取りが変わっており人気のない間取だから

引用:hatnk@hatnk2

戸建て購入を後悔しないためのポイント

若い夫婦に物件を紹介する女性営業マン

今まで説明してきたとおり、戸建ての購入は「後悔する人」「成功する人」に分かれます。後悔しないためには、上記4つのポイントをチェックしましょう。

事前準備をしてから内覧に臨む

内覧時には事前準備が重要です。内見の事前準備を怠ってしまうとすぐに判断できず、迷っている間にほかの人に購入されてしまう恐れがあります。

以下のものを準備してから内覧に臨みましょう。

準備するもの・こと 用途
カメラ 新居にピッタリ合う家具や生活用品を探したりする際に役立つ
メジャー 家具・家電を置けるかサイズを把握する
図面 実際と比較する(不動産会社が持ってきてくれることがほとんど)
筆記用具 気づいたことを書き留めておく。不動産会社と話した内容も、議事録としてメモしておく。あとでもめごとが起きた際などにも、証拠として役立つ
スマホ カメラ・メモの代わり

内覧時にチェックポイントを見逃さない

内覧時にはいくつかチェックポイントがあります。見逃すと購入後に後悔するかもしれないため、忘れずにチェックしましょう。

チェックポイントは以下のとおりです。

チェックポイント 具体例
コンセント 数や位置
日当たり 一見、十分に明るく思える部屋でも、時間によっては周囲の建物に遮られて暗くなってしまうことがある。可能であれば、朝、昼、夕方とそれぞれの時間帯でチェックする
家具などの取付 家具の取り付けが緩くなっていないか、または開けにくくないか
建物の状態 キッチンなどの設備がしっかり動くか、さらにセキュリティ面も念入りに確認する
遮音性 2階建て以上の場合には、それぞれの階にわかれて音の確認をする
搬入経路 通常のルートで搬入できない場合、2階から機材を使って運び入れるなどの対策が必要なため、余計な費用が発生する恐れがある
自宅前の道 自宅周辺の道が狭い場合、車同士がすれ違うのに時間を要したり、接触事故に繋がったりすることがある。また、自宅の駐車場に停める際に切り返しがスムーズにできるかどうかも確認する

生活する上で重要な点を確認する

周辺環境も生活するうえで非常には重要です。家に不備がある場合、修理などで対応できますが、周辺環境は変えられません。

確かめるべき重要な点は以下のとおりです。

周辺環境 具体例
交通の利便性と手段 職場までのルートはもちろん、実家まではどうか、乗り換えはそんなに多くないかなどを確認する。ほかにも、朝のバスや電車の混み具合も調べておくことが大事
駅から自宅までの道のり、距離 駅から自宅までの道のりをチェックする。車、自転車、徒歩の場合など、それぞれの手段でどのくらいかかるか確認しておくとよい
治安 自分自身や子どもの身を守るためにも治安は重要。朝や昼だと気付きにくいので、夜や真夜中に周辺の様子を調べてみる
施設 日々の買い物に不自由がないか、ライフスタイルにあわせて確認する
学校 校区の公立学校に通学する予定であれば、実際に学校に足を運んでみるとよい

予算をオーバーしないようにする

予算オーバーに注意しましょう。予算オーバーするとローンの支払いで生活が苦しくなり、場合によってはせっかく手に入れた戸建てを手放すことになりかねません。

注文住宅の場合は床暖房や書斎、トイレの数など、本当に必要かどうかよく考えましょう。設備を充実させるほど購入代金が高くなり、ローンも増え、返済額が上昇してしまいます。予算内の住宅を購入し、毎月のローンが滞りなく支払えるようにすることが大事です。

しっかり準備して、後悔しない戸建てを購入しよう

戸建て購入の後悔は、入念な準備で防げます。後悔することを防げたら、戸建てでの幸せな日々があなたを待っています。

今回紹介したポイントを踏まえて戸建てを探せば、後悔するリスクを極力まで抑えられるでしょう。ただ、大事なのは「理想的な戸建てに出会えるかどうか」です。

住建ハウジングでは、6,000件以上の情報を掲載しています。理想的な戸建てがあるかどうか、ぜひチェックしてみてください。

お探しのエリアや購入価格から都内の物件を探せます

種別

エリア

物件価格

PR

  • 住建ハウジング

住宅購入で後悔したこと