金融資産とは?貯金だけではないその種類と運用について

年齢を重ねるにつれ、将来のことを考えてお金の使い方が変わってくる方が多くなります。
そのなかで、“貯金”という選択をする方も多いことと思います。
貯金は一般的に金融資産に分類され、貯金を増やすことは結果的に金融資産を増やすことになります。一方で、この金融資産という言葉は、貯金だけを指すわけではありません。
貯金のほかにはどんなものがあるのか、さっそく見ていきましょう。

金融資産とはどんなものをさすのか

金融資産とは、自身が所持している現金、および企業から現金や現金以外の金融資産を受けとれる契約上の権利のことを指します。
文章だけではイメージがしにくいので、具体例を一部紹介します。

金融資産の種類

■ お金

現金は、当然金融資産に含まれます。
日本円だけではなく、外貨も同様ですので、FXの資金も金融資産になります。
ただしFXには為替の変動リスクがあるため、扱う際には注意が必要です。
また、現金を預ける預金や貯金も同じく金融資産になります。

■ 株式

株式も、現金同様に外国株含め金融資産となります。
FX同様変動リスクがあるので、注意が必要です。
むしろ、FXよりも銘柄によってはよりハイリスクになるので、より一層の注意が必要ともいえます。

■ 債権

債権は、日本国内の社債、国債や地方債、また外国債も含みます。
国債に関しては、国が破綻しない限り元本が保証されるので、FXや株式よりも安全な金融資産といえます。

■ 投資信託

FXや株式、債券と違い自分で運用するわけではありませんが、投資信託も金融資産に含まれます。
プロの手により運用されるとはいえ、投資信託も元本が保証されるものではないため、金融資産として所持する際には変動リスクを考慮する必要があります。

■ 生命保険

解約による払戻金や満期金がある生命保険は、貯蓄性があることから金融資産とされます。
一方で、掛け捨てタイプの生命保険は金融資産として考えられません。

■ 商品券や小切手

有価証券の一つとして考えられることから金融資産とされます。

日本における金融資産に関するデータ

金融資産とはどのようなものかをご紹介してきました。
では一般的に、どれほどの金融資産を各世帯は所持しているのでしょうか?

金融資産の1世帯当たりの平均は1,151万円

毎年、金融広報中央委員会により「家計の金融行動に関する世論調査」が実施されています。
平成29年における1世帯当たりの金融資産の平均は1,151万円と公表されています。
ただし、この調査では金融資産に含まれない土地や住宅、貴金属はもちろん、現金も含まれていない点に注意が必要です。
この調査では、金融資産を多く持っている世帯が平均を引き上げています。
そのため、平均値1,151万円に対し中央値は380万円と大きな差があります。
一方で、金融資産を持っていない世帯もあり、その割合は全体の31.2%。これも、平均値と中央値の間に大きな差が生じている原因といえるでしょう。

各世帯における金融資産の内訳は?

1世帯当たりの金融資産は1,151万円ですが、その内訳はどうなっているのでしょうか。
内訳の中で最も大きい割合を占めているのが預貯金で、54.1%と過半数にいたっています。
そして2位が生命保険で16.7%、次いで株式が3位で8.9%となり、預貯金が圧倒的に大きな割合を占めていることがわかります。
そのほか、最初に紹介した例でいえば、投資信託が6.1%、債券が3.0%と、割合としては小さくとどまっています。

ときには金融資産を運用することも大切

金融資産はただ持っているだけでも十分ですが、ときには金融資産の組み替えといった運用も大切です。
金融資産の組み替えは、収益の改善や相続対策になりえるからです。
金融資産の組み替えとしてよくある例は、収益性の高いアパートや駐車場などの物件を購入することです。
土地や住宅は、税制上の優遇が受けられることがあります。
例えば、居住用財産の買い替え特例や小規模宅地などの特例が設けられているため、状況に応じて利用するといいでしょう。
ただし、古い不動産や、立地の悪いまたは形が良くない土地などは、時価が低いにも関わらず相続税評価額が高くなる傾向にあります。
また、固定資産税や修繕費といった維持コストがかかるという面もありますが、不動産の購入は収入・節税の両面で有効な手段であるうえに、相続人にとっても大変メリットの大きいものです。
相続するときに相続人に負担をかけてしまうことのないように、将来的な収益や相続についてしっかり考えながら、所持する金融資産を運用していきましょう。

まとめ

金融資産は貯金のほかにもさまざまなものを指し、貯金を増やすことだけが金融資産を増やす方法ではありません。地道に貯金を増やすことも大事ですが、ときには、金融資産を適切に運用して資産を増やすことも重要です。
税金の上昇や年金の有無など、今の日本は将来に対して不安に感じることが多くなってきています。
金融資産を増やすことは、将来の不安を取り除くための有効な手段の一つと考えられます。
今一度、自身の金融資産を整理して、将来の運用計画を考えてみてはいかがでしょうか。

参考:金融資産と負債|知るぽると 金融広報中央委員会

東京で住宅をお探しの方はこちらから
購入者の声も動画配信中です