杉並区 都心の14区比較

杉並区

杉並区の住み心地

個性的な祭り、音楽フェス 緑被率と安全性も高い

和田堀公園

 人気、利便性共に高い中央線が区の真ん中を貫いており、雰囲気の異なる2つのゾーンに大きく分かれている。

 ひとつは親しみやすい商店街が軒を連ね、活気のある東側ゾーン。100軒を超える古着屋があり、阿波踊りでも有名な高円寺、地元在住のアーティストが作品を展示するギャラリーやアートカフェが多い阿佐ヶ谷が代表的な街だ。阿佐ヶ谷は毎年秋ごろに約60会場で演奏が繰り広げられる「Jazzストリート」でも知られている。

 二つ目は落ち着いた住宅地が広がっている西側ゾーン。こちらはかつて太宰治をはじめとする文豪が住み、敷地の広い一戸建てが並ぶ荻窪、約60軒の古道具屋やアンティーク雑貨店が集まる西荻窪が人気。中央線の各駅は大きなアーケード商店街や商業施設が入った駅ビルなどがあり、品揃えも豊富だ。

 区の南西部を走る京王井の頭線沿線は低層で敷地の広い一戸建て中心の街並み。マンションは中低層が多い。杉並区の中古マンションは平均価格は4182万円(70㎡換算)と都心14区の中では手ごろだ。各駅前には小規模だが活気ある商店街、スーパーなどが集まっている。

 善福寺川緑地や和田堀公園、善福寺公園、柏の宮公園など大きな公園があるだけに緑被率は14区中2位と充実。また、昼夜人口1000人当たりの刑法犯認知件数は2位と安全性の評価も高い。区を南北に走る環状八号線は南部で中央自動車道に連絡しており、休日の行動範囲が広がりそうだ。

独自の子育て支援が好評 蔵書絶対数は都内No.1

 独自の子育て支援策も注目に値する。例えば、「子ども・子育て支援新制度」。この制度では、①質の高い就学前の保育・教育を提供する為の「認定こども園」の普及促進、②待機児童を解消するため、新たな地域型保育事業などにより保育の受け入れ人数の拡大、③全子育て家庭を支援するため、相談窓口や一時預かり保育の場の整備をするなど、子ども・子育て支援事業の充実を目的とする。さらに就学児童のいる家庭には、一時保育や親子参加行事などの有料の子育て支援サービスに利用できる「子育て応援券」を交付している。

 教育環境の面も充実している。2017年住民1人当たり蔵書数で計算すると、住民数の多さから14区中第6位だが、蔵書の絶対数では約220万冊と都内ナンバー1。国会図書館や市立図書館を含む全国蔵書数ランクでも上位に位置している。

 区内の区立公園として最大級の柏の宮公園では、田植え体験、たけのこ堀りなど貴重な体験型の遊び場を提供している。また、既存の遊具を使わずに、子どもが自分の手で遊びをつくっていくプレイパークも開催されている。大工遊び、焚き火、泥遊び、秘密基地づくりなど、好奇心をかきたて創造性を育む遊びを楽しめる。

データから測る杉並区の住み心地

※星5つが満点。星3つを14区平均として相対評価で算出しています
※()内は14区の平均値 ※順位は14区の相対的順位

※カテゴリー別調査指標

基本データ 人口(38万1822人) 57万3277人 3位
面積(24.72k㎡) 34.06k㎡【4位】
人口密度(1万6214人/k㎡) 1万6831人/k㎡【7位】
一般世帯数(21万5146世帯) 32万5228世帯 3位
昼夜間人口比率(271%)
通勤・通学などによる人の流入の多さ
85.1%【14位】
財政力指数【収入額÷支出額】(0.71) 0.63【9位】
保育
星4つ
乳幼児・幼児<0~6歳>1人当たりの児童福祉費(1,606千円) 1,638千円【7位】
待機児童数(135人) 0人 1位
対前年比待機児童増減数(-147人) -29人【10位】
保育サービス利用率(46.2%) 46.8%【8位】
保育料(3万6519円)
※世帯年収1000万円(推定区民税所得割283,200円)の場合
※2019年10月1日より幼児教育・保育の無償化(3~5歳)がスタート→公式サイト
4万1000円【9位】
教育
星3つ
学生<7~18歳>1人当たりの教育費(885千円) 515千円【12位】
人口1人当たりの公立図書館蔵書数(3.71冊) 3.57冊【7位】
小学校教諭1人当たりの児童数(17.64人) 17.7人【7位】
中学校教諭1人当たりの生徒数(15.65人) 14.9人 3位
医療
星1.5つ
1k㎡当たりの医療施設数(27.3ヵ所) 15.1ヵ所【12位】
人口1000人当たりの医療施設従事医師数[常勤換算](8.71人) 2.2人【13位】
人口1万人当たりの医療機関数(19.9ヵ所) 9.0ヵ所【12位】
子どもが医療費助成を受けられる期間 中卒(入院時食事療養費含む)
安全
星4.5つ
人口1万人当たりの火災発生数(出火率)(4.97件) 1.71件 1位
刑法犯認知件数(3,760件) 3,542件【7位】
昼夜人口1000人当たりの刑法犯認知件数(11.60件) 4.78件 2位
侵入窃盗発生件数(141.5件) 152件【9位】
交番、駐在所がカバーする人口(1万2830人) 1万2739人【9位】
自然環境
星4つ
公立公園の数(224.93ヵ所) 331ヵ所 3位
人口1万人当たりの公立公園等の数(5.74園) 5.77園【5位】
公立公園の総面積(1,240,995.427㎡) 1,180,653.22㎡【5位】
人口1人当たりの公立公園等の面積(3.09㎡) 2.09㎡【9位】
緑被率(18.38%) 21.77% 2位 (2017年)
買物&娯楽
星3つ
小売業事業所数(2,424ヵ所) 2,500所【6位】
昼間人口千人当たりの飲食店数(5.58ヵ所) 5.83ヵ所【5位】
映画館数(≠スクリーン数)(4.14館) 1館【9位】
昼間人口10万人当たりのフィットネスクラブ数(5.58ヵ所) 6.88ヵ所【4位】
社会・民間体育施設数(65.14ヵ所) 65ヵ所【5位】
文化施設数(21.07ヵ所) 4ヵ所【14位】
住まい
星3つ
一般世帯の持ち家率(42.3%) 41.6%【9位】
居住世帯の一戸建て率(16.5%) 26.3% 2位
駅数(23.57駅) 17駅【10位】
中古戸建平均価格(7,116.8万円) 6,375万円【10位】
中古マンション平均価格(5,660.1万円) 4,349万円【12位】

杉並区の資産価値

 住宅地として安定の人気。再開発で更なる進化も期待

阿佐ヶ谷パールセンター商店街

 住宅地としてのイメージが強い杉並区の不動産価格は、東京都の中で17位/59区市町村と人気の区の割りにお手ごろ感がある。昔からの落ち着いた住環境と、JR中央線沿線の新しい個性的な街並みが混ざった独特な雰囲気が特徴。

 住宅地として人気の杉並区だが特に「阿佐ヶ谷」が人気を得ている。山手線の外にあるが丸の内線が利用できるため、落ち着いた住宅地でありながら都心へのアクセスも良好だ。


■2020年地価ランキング(用途地域:住宅地)

順位 街名 標準地番(住居表示) 最寄り駅・距離 公示地価 前年価格 前年比(順位)
1位 桃井 桃井4丁目128番
(桃井4-12-21)
西荻窪
1200m
73.0万円/㎡
※241万円/坪
69.9万円/㎡
+4.43%
(1位)
2位 荻窪 荻窪3丁目9番外
(荻窪3-32-3)
荻窪
630m
71.0万円/㎡
※234万円/坪
68.9万円/㎡
+5.08%
(2位)
3位 永福 永福3丁目253番3
(永福3-23-11)
西永福
290m
71.0万円/㎡
※234万円/坪
68.3万円/㎡
+3.95%
(3位)
4位 久我山 久我山一丁目370番4
(久我山1-5-17)
久我山
570m
70.3万円/㎡
※232万円/坪
67.3万円/㎡
+4.46%
(4位)
5位 高円寺南 高円寺南1丁目511番28
(高円寺南1-26-1)
東高円寺
300m
64.5万円/㎡
※213万円/坪
61.5万円/㎡
+4.88%
(5位)
6位 西荻北 西荻北3丁目21番16
(西荻北3-14-8)
西荻窪
330m
63.0万円/㎡
※208万円/坪
67.3万円/㎡
+4.46%
(4位)
7位 西荻北 高円寺北2丁目730番27
(高円寺北2-26-6)
高円寺
450m
62.7万円/㎡
※207万円/坪
60.0万円/㎡
+4.50%
(8位)
8位 南荻窪 南荻窪四丁目52番3
(南荻窪4-32-15)
荻窪
570m
62.5万円/㎡
※206万円/坪
60.1万円/㎡
+3.99%
(7位)
9位 和泉 和泉3丁目734番8
(和泉3-26-21)
永福町
600m
61.6万円/㎡
※203万円/坪
59.4万円/㎡
+3.70%
(10位)
10位 成田東 西荻南4丁目64番4
(西荻南4-15-2)
南阿佐ヶ谷
470m
61.0万円/㎡
※201万円/坪
60.0万円/㎡
+1.67%
(8位)
10位 西荻南 南麻布5丁目18番17
(南麻布5-9-2)
西荻窪
550m
61.0万円/㎡
※201万円/坪
61.0万円/㎡
+0.00%
(11位)
12位 阿佐谷北 阿佐谷北2丁目493番14
(阿佐谷北2-34-15)
阿佐ヶ谷
460m
60.5万円/㎡
※200万円/坪
57.8万円/㎡
+4.67%
(13位)
13位 西荻北 西荻北2丁目23番11
(西荻北2-21-1)
西荻窪
520m
60.4万円/㎡
※199万円/坪
58.0万円/㎡
+4.14%
(12位)
14位 成田東 成田東4丁目18番2
(成田東4-13-19)
南阿佐ヶ谷
300m
59.8万円/㎡
※197万円/坪
56.9万円/㎡
+5.10%
(16位)
15位 久我山 久我山5丁目283番7
(久我山5-9-7)
久我山
330m
59.7万円/㎡
※197万円/坪
57.8万円/㎡
+3.29%
(13位)

出典:国土交通省地価公示


杉並区の注目の街

浜田山

水と緑に囲まれた高台に、静かな家並みが続く。

浜田山

人口密度が低く、静謐な住宅地が多い京王井の頭線沿線のなかでも、久我山と並ぶ邸宅街として知られる。町域の大半が第一種低層住居専用地域に指定されているためか、街並みは静かで洗練された雰囲気だ。南の神田川と北の善福寺川に挟まれた高台に位置するため、見通しの良い場所では低層3階建てのマンションからでも、富士山や新宿高層ビル街が望める。一方、駅周辺には複数の商店街があり、成城石井や西友など買物施設が充実、人気店も多いため、地元住民だけではなく多くの人でにぎわっている。また、柏の宮公園をはじめ、和田堀公園や善福寺川緑地が近いなど、自然環境にも恵まれている。

新築マンション平均価格 7,842万円
中古マンション平均価格 7,786万円
※70㎡換算価格。16年6月~19年5月分譲の新築マンションと同時期流通の築1年~10年の中古マンション(出典:「都心に住む19年12月号」リクルート)

→浜田山の物件を探す


阿佐谷北・阿佐谷南

独特の文化色漂う活気ある住環境

阿佐ヶ谷駅前

 街中のいたるところがジャズの演奏場になる、毎年10月末開催の「阿佐谷ジャズストリート」が有名。最寄りの阿佐ヶ谷駅は中央線でターミナル「新宿」駅まで約10分。駅をはさんで南北に走る中杉通りはケヤキ並木で作られた緑のトンネルが印象的だ。井伏鱒二など多くの文人が集ったことでも知られ、今でも阿佐ケ谷在住の文化人は多い。
 阿佐谷南には七夕まつりで有名な商店街「阿佐ヶ谷パールセンター」があり、多種多様なお店が軒を並べ大いに賑わっている。丸ノ内線も利用圏内となるため、銀座・大手町へのアクセスも良好だ。阿佐谷北にも商店街があり、路地裏には個性的なカフェや古本店などが点在。ミニシアター「ラピュタ阿佐ヶ谷」や小劇場「ザムザ阿佐谷」などの存在が独特の文化の雰囲気を漂わせている。

新築マンション平均価格 8,959万円
中古マンション平均価格 7,060万円
※70㎡換算価格。16年6月~19年5月分譲の新築マンションと同時期流通の築1年~10年の中古マンション(出典:「都心に住む19年12月号」リクルート)

→阿佐谷北の物件を探す

→阿佐谷南の物件を探す


荻窪

北側には穏やかな住宅街。駅前は商業施設が充実

荻窪

区内初の鉄道駅である荻窪駅があり、区内唯一の大型デパート・ルミネが立つなど商業施設の集積度が高い。土地区画整理が行われた中央線北側エリアは、都市公園や緑地は少ないが、屋敷林や生垣、庭木の多い、比較的敷地の大きな一戸建てを中心とした住宅地だ。

→荻窪の物件を探す


[記事公開日]:2014/08/08[最新更新日]:2020/11/09