保存版!新築設計時におさえておくべきキッチン選び&キッチンレイアウトのポイント

新築住宅を設計する際に、満足度を大きく左右するポイントの一つがキッチンのつくり方です。キッチンは、主に料理をつくる人にとって多くの時間を過ごす場所。そのため、使いやすさや見栄えに不満が生じないように、ポイントをおさえておきたいものです。

キッチンの種類と特徴

キッチンには、対面型や独立型などいろいろな種類があります。それぞれのメリット・デメリットとともにご紹介します。

対面型キッチン

対面型のキッチンは、キッチンに立っている状態でリビングを見渡せるような配置になっているキッチンのこと。家族とおしゃべりをしたり、リビングで遊ぶ子どもの様子を見たりしながら料理できるという特徴があります。

アイランド

アイランドキッチンは、流しやガス台・調理台などが独立した島になっているタイプです。開放感があり、数名でキッチンを囲んで料理できるため、ホームパーティをする際や、家族と一緒に調理するときに適したキッチンです。
注意点は、キッチンスペースが丸見えになることや、収納が確保しづらいこと。収納方法やこまめな整理整頓に気をつけないと、部屋全体が散らかっているイメージを与えかねません。

ペニンシュラ

ペニンシュラとは半島を意味する言葉で、キッチンの片面が壁にくっついたタイプの対面キッチンです。スペースを有効に利用しやすく、家族とのコミュニケーションを取りやすいのが特徴。
デメリットは、アイランドキッチンも同様ですが、煙やにおい、油はねなどがリビングに届いてしまいやすいことです。それらを軽減するために、一部に壁を設置するケースもあります。

I型(対面タイプ)

コンロから調理スペース、シンクまでを「I」の字のように横一列に並べたキッチンのこと。キッチンの前に腰壁を立ち上げるため、「セミオープンキッチン」とも呼ばれています。
腰壁があることによってアイランド型ほど開放感はありませんが、キッチンが多少散らかっていてもリビングやダイニングからは手元が見えないというメリットがあります。

Ⅱ型

シンク(水回り)とコンロ(火まわり)を分離して、二本のラインにするのがⅡ型キッチンです。Ⅱ型キッチンは収納面で特に優れていて、横の動きを少なくできる反面、料理中に振り返り作業が多くなるので、使用する際に慣れが必要です。

壁付型キッチン

昔ながらのキッチンに多い、壁に向かって料理をするタイプです。
設置に必要なスペースが少ないため、リビングを広くとれることが大きなメリットです。デッドスペースができにくく、収納場所を確保しやすいのも大きな特徴ですが、対面型のように調理しながらでもリビングで遊ぶ子どもの様子が視界に入るということはありません。また、料理をしている人の後ろを家族が行き来しやすいので、常に後ろにも気を配りながら家事を進める必要があるでしょう。

独立型キッチン

独立型はその名の通り、ほかの部屋から独立したキッチンのことで、使い勝手に優れていて、リビングに生活感が出ないという特徴があります。
オープンキッチンの場合はリビングとキッチンが一体化しているので、調理家電や冷蔵庫などもリビングの一部として見た目に気を使わなくてはなりませんが、独立キッチンはほかの部屋から切り離されているので、キッチンの使い勝手だけを考えられます。独立して区画されているからこそ、タイルを北欧風にしたり、食器棚をアンティーク風にしたりするなど、自由におしゃれも楽しめます。機能面での実力の高さも独立型の魅力。豊富な収納力や動線の良さ、煙やにおいがリビングにいきにくいなどのメリットがあります。
独立型の最大のデメリットは、料理中に家族とコミュニケーションが取りづらいことです。

新築時のキッチンレイアウトで検討すべきこと

新築時にキッチンレイアウトを検討する際に注意する点を紹介します。

動線に配慮したレイアウト

特に、リビングと一体型のキッチンの場合には見栄えを重視したくなりますが、機能面を軽視してしまうと、後から後悔することにもなりかねません。機能面のなかでも、もっとも気をつけたいことの一つは家事動線です。冷蔵庫の場所、食材・食器の置き場、調味料の収納スペース、ダイニングへの移動などを、実際に主に料理をする方がイメージしながら設計するとよいでしょう。

収納の重要性

キッチンでの作業効率を上げるうえで重要になるのが収納です。収納は、収容能力が重要であることはいうまでもありませんが、使い勝手も非常に重要です。
例えば、パントリーに十分な収容能力があっても、パントリーまでが遠くて使いこなせないなら意味がありません。動線にも共通していえることですが、キッチンは機能と使い勝手が非常に重要です。

新築キッチンのよくある失敗例

新築キッチンの失敗例を2つ紹介します。

暑くて食材が腐ってしまう

キッチンを考える際に重視すべき点はレイアウトや機能面ですが、意外に見落としがちなのが食材の保存に関することです。キッチンを明るくしたいと窓を大きくした結果、キッチンが暑くなって、常温保存の食材が傷みやすいという残念な結果を招くことも。遮光や湿度もふまえて、キッチンスペースを考えましょう。

ゴミ置き場を考えていなかった

ゴミ箱のスペースを考慮せずにキッチンを設計してしまい、後から困ってしまうケースがあります。目につきやすい場所にゴミ箱を置かざるを得なくなってしまったり、ゴミ箱までが遠くなりすぎてしまったりすると、見栄えや使い勝手が非常に悪くなります。

まとめ

今回は、新築時におさえておくべきキッチン選びのポイントについて紹介しました。キッチン選びでまず重視したいのは、機能面とレイアウトの2点です。リフォームに関するインターネットサイトを運営するSUVACO株式会社が2017年にSUVACOユーザーを対象に行ったアンケート結果によると、全体の29%がキッチンの使い勝手に不満がある、と答えています。特に注意すべきなのは、動線の良さや収納の能力・使い勝手です。まずはこれらをおさえたうえで、自分たちにぴったりのキッチンについて考えていきましょう。

東京で住宅をお探しの方はこちらから
購入者の声も動画配信中です