アンティーク家具の魅力って?その選び方からお手入れ方法までご紹介!

アンティーク家具と聞くと、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか? 「装飾が豪華」「お手入れが大変そう」「おしゃれ」など、さまざまなイメージがあることでしょう。
アンティーク家具を選んでみたいけれど、どのようなタイプがあって、どのように選んだらいいのかわからない……。今回は、そんな方のために、アンティーク家具の様式や選び方、お手入れ方法などについてご紹介します。

アンティーク家具の魅力

アンティーク家具の魅力はどんなところにあるのか、さっそく見ていきましょう。

一味違う装飾

アンティーク家具は、一般的な家具とは異なる独特な装飾が施されています。紙細工のように細かい透し彫りなど、とても美しい装飾がアンティーク家具の魅力のひとつです。

デザイン性

収納力や機能性を重視した現代的な家具とは異なり、アンティーク家具は見た目のデザインをとても大切にしています。アンティーク家具をひとつ置くだけで、部屋がとても華やかになるでしょう。

素材

アンティーク家具の素材には、ウォルナットやオーク、ローズウッドなどの高級材木が使用されています。置いただけで、高級感が一気に出るのがアンティーク家具の魅力です。

アンティーク家具の3つの様式

一口にアンティーク家具といっても、その様式はさまざまです。ここでは、代表的なものを3つピックアップしてご紹介していきます。

バロック様式

バロック様式は、17世紀のヨーロッパで宮廷を舞台に誕生しました。「歪んだ真珠」という意味をもつバロック。左右非対称のアンバランスな装飾が特徴で、ベルサイユ宮殿に象徴される華麗なスタイルです。

ロココ様式

ロココ様式は、バロック様式に続く美術様式で、繊細で優美なデザインが特徴です。白やローズピンク、金などの色彩、天使や花柄などの紋様で、女性に好まれることが多い様式です。

アールヌーヴォー様式

アールヌーヴォーとは、ヨーロッパを中心に広まった芸術運動のことです。18世紀後半の産業革命以来、安価で質の悪い大量生産品が出回るようになったことに対抗して、芸術性の高いモノを社会や生活に取り入れていこうという運動が起こった結果、新しい美術様式「アールヌーヴォー」が誕生しました。
鉄やガラスなどの近代的な素材を用いながら、植物を中心とした有機的なモチーフを曲線的に表現した装飾がこの様式の特徴です。

アンティーク家具の選び方

では、アンティーク家具を上手に選ぶにはどうすればよいのでしょうか。アンティーク家具を選ぶ際に確認したい点をご紹介していきます。

自宅のスペースやサイズを把握しておく

どんな家具を選ぶときでも同じですが、自宅のスペースやサイズなど把握しましょう。特にアンティーク家具は装飾が豪華なものが多いため、それも含めておさまるのか、見た目に美しく配置できるのか、しっかりと確認しておく必要があります。

メンテナンスはしっかりされているか確認する

長い年月使用されている家具ですから、傷や塗装の剥がれなどの使用感は避けられません。メンテナンスがされているかどうかで状態は変わってきます。しっかりとお手入れされているものどうか、美しく保たれているかどうか、購入前に確認しましょう。

状態を確認する

たとえば、イスならばグラつきがないかなど、当然のことながら家具として使用できる状態かどうかを確認する必要があります。

色で選ぶ

自宅の雰囲気にあう色を選ぶことも大切です。一般的な家具とは異なり、アンティーク家具は特にデザイン重視なので、色のバランスも非常に重要です。

材質で選ぶ

使用されている材質を確認しましょう。どの年代につくられたものかによっても印象が変わりますし、材質は仕上げの色合いやデザインにも影響します。

実用性なども考える

デザイン重視のアンティーク家具ですが、あまりにも実用性のない家具はおすすめしません。また、使えそうにない家具でも、工夫の仕方によっては本来の使い方とは違う使い方で生かすこともできます。どんな目的で使用したいかを検討して購入しましょう。

アンティーク家具のお手入れ方法

アンティーク家具は、ほかの家具に比べてお手入れが大変だというイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。せっかくのすてきなアンティーク家具を、ダメにしたくはありませんよね。ここでは、アンティーク家具のお手入れ方法についてご紹介していきたいと思います。

普段のお手入れ:こまめにタオルで拭く

普段のお手入れとしては、タオルで乾拭きをするか、水で固く絞ったタオルでの水拭きをします。普通の家具のお手入れと同様です。

特別なお手入れ:ワックスがけをする

数カ月に一度ワックスがけをして、ツヤを出してあげましょう。アンティーク家具は自然素材で塗装されているため、ワックスを塗ることでツヤが出るだけでなく、家具を保護することにもつながります。

まとめ

アンティーク家具と一口にいっても、さまざまな種類があります。アンティークの歴史やどのような様式かを知るだけでも、また違った角度から家具選びができるでしょう。 たくさんの魅力を持ちあわせているアンティーク家具。これから選ぶ家具の候補に入れてみてはいかがでしょうか。

東京で住宅をお探しの方はこちらから
購入者の声も動画配信中です