杉並区 阿佐ヶ谷(あさがや)

阿佐ヶ谷の地理

阿佐ヶ谷は杉並区の中央部に位置し、高円寺や荻窪に隣接する住宅街です。
エリア内に区役所・警察署・郵便局を持つことから杉並区の中心地としての役割を果たしています。
最寄りの駅としてはJR中央線快速、中央・総武線各駅停車の2路線が利用できる阿佐ヶ谷駅と東京メトロ丸ノ内線の南阿佐ヶ谷駅があり、両線とも新宿・東京・大手町といった都心主要ターミナルを東西に横切る路線となっていることからアクセス性に恵まれた立地となっています。
道路事情としては、エリア内に青梅街道や早稲田通りがあるため、お車による都心への移動、または多摩・埼玉方面への移動も快適でしょう。


ブランド力のある高級住宅地に関心をお持ちの方へ
東京都心の高級住宅地での住宅購入なら住建ハウジングにお任せください

阿佐ヶ谷の特徴

大正11年の中央線の開業以来、阿佐ヶ谷周辺は「都心に近い山の手の郊外住宅地」として注目を集めるようになりました。
阿佐ヶ谷の名をさらに高めたのは、この地に住んだ川端康成や北原白秋、金田一京助といった文化人です。
200人を超える文化人がこの周辺に居住し、「阿佐ヶ谷文士村」と呼ばれるコミュニティが形成されました。
彼らが愛した世尊院、阿佐ヶ谷神明宮、日本基督教団阿佐ヶ谷教会は現在もその趣を当時のまま保っています。
高級住宅地というだけに留まらず、随所に文化人たちの痕跡を感じられる阿佐ヶ谷。
住む人にさらなる精神的豊かさや潤いをもたらしてくれることでしょう。





無料会員登録
無料会員登録で動画無料!

ページトップへ