不動産を売却した際、確定申告は必要か?

一戸建て住宅やマンション、土地などの不動産を売却した場合、その利益は国に申告しなければならないのでしょうか。

ここでは、不動産売却に伴う確定申告について解説します。

確定申告とは

虫めがねのイメージ

確定申告とは、税金を納付したり、払い過ぎた税金を還付金として受けたりすることを目的として、前年の収入や控除額を税務署に申告することです。

給与所得となり収入が一定である会社員であれば、会社の経理から配布される年末調整の用紙の所定欄に記入してすぐに済んでしまいますが、自営業など、事業所得を始めとする一定でない所得がある場合は1年間(1月1日~12月31日)の収入が確定した後、その翌年の2月16日~3月15日の期間中に確定申告をしなければなりません。

不動産の売却を検討されている方は忘れずに覚えておきましょう。

不動産を売却した際には確定申告が必要

講義をするイメージ

不動産を売却した場合は、その金額の大小に関わらず確定申告しなければなりません。

一戸建て住宅やマンション、土地など、不動産の売却で得た譲渡益は所得です。

税法上の区分としては譲渡所得として位置づけられており、他の所得とは異なる方法で税額を計算し、確定申告をする必要があります。

譲渡所得があった場合は所得税や住民税を支払う必要があり、逆に購入時よりも安く売却した場合は、所得税の還付を受けられます。

また、居住用(マイホーム)であるかないかは関係なく、不動産の売買取引を行っていれば登記情報が税務署に届く仕組みとなっていため、確定申告を怠ってしまうと、その旨を記した通知が届くことになります。

不動産の売却を検討し始めたなら、確定申告をするようにしておきましょう。

譲渡所得がある場合

遊ぶ祖母と孫のイメージ

不動産の購入時にかかった仲介手数料や登記費用などの取得費、売却時にかかった仲介手数料や測量費用などの譲渡費、優遇税制による控除費用の合計が、売却額を下回った場合は、譲渡所得があるものとみなされます。

譲渡所得がある場合は、保有期間によって所得税が15~30%、住民税が5~9%かかります。

譲渡所得がない場合

居住用(マイホーム)の不動産の売却益には3,000万円の控除が受けられる場合があります。

確定申告をしても、多くの場合は所得税や住民税を多く払うことにはなりません。5年以上の居住用不動産であれば、不動産以外の所得を減税できるため、還付金が戻ってくる場合もあります。

※全ての控除には例外があります。

不明な点があれば弊社担当者にご相談ください

遊ぶ祖父と孫のイメージ

不動産取引による確定申告は複雑であり、また金額も多いため、慎重に行う必要があります。もし確定申告の際にご不明な点がある場合は、弊社の営業マンにご相談ください。不動産のノウハウだけではなく法律に関する造詣も深いため、迅速丁寧にお答えいたします。

1分で完了!無料オンライン査定に申し込む
0120-172-1110120-172-111営業時間 9:00~19:00 定休日 水曜日

ページトップへ