大田区久が原(くがはら)

久が原の地理

久が原(くがはら)は東京都大田区の西部、武蔵野台地の東端にあたる「久が原台」に位置し、同じく大田区の田園調布や山王とも並び称されるほど人気の高い高級住宅地です。
域内には緑が豊かで広々とした庭を持つ高級住宅が建ち並び、近年は呑川沿いの工場や倉庫の移転跡地も魅力的な不動産として注目を集めています。
高級物件・不動産も豊富です。

久が原という地名は「木ヶ原(樹々の茂る原の意)」に由来しています。
そして、古来この地が武蔵野の雄大な森に囲まれていたことを意味すると考えられています。
久が原の地に人が定住したのはずいぶん古いことのようで、域内の久原小学校で行われた発掘調査では約2万5千年前(先土器時代)の地層から「炉」の跡や多数の石器が発掘されました。
それを皮切りに縄文時代のものとみられる千鳥久保貝塚、弥生時代のものとみられる久ヶ原遺跡、古墳時代のものとみられる久ヶ原横穴墓群などが相次いで発見されています。
そのため、久が原は古代から人々が好んで定住する、気候や利便性にすぐれた土地であったと考えられます。


ブランド力のある高級住宅地に関心をお持ちの方へ
東京都心の高級住宅地での住宅購入なら住建ハウジングにお任せください

久が原の特徴

久が原は東側を第二京浜道路が、西側を環八通りが走っており、道路交通の便にすぐれたところですが、幹線道路が域内を走っていないため、閑静で落ち着いた住環境が保たれています。
子育て世代のファミリーにも安心して住むことができるでしょう。
徒歩圏内を多摩川が流れ、その河川敷には多摩川丸子橋緑地や多摩川ガス端緑地などの緑地帯が連続しており、晴れた日にはスポーツやレクリエーションなどにいそしむ人々の姿が数多くみられます。

久が原の立地・魅力

町域の西側に沿って東急池上線が走っており、住む場所によっては域内の中心駅である久が原駅のほか千鳥町駅なども利用できます。
少し足を伸ばせば都営地下鉄浅草線の西馬込駅、東急多摩川線の鵜の木駅も利用できるので、都心方面や横浜方面へのアクセスにもすぐれています。





無料会員登録
無料会員登録で動画無料!

ページトップへ