世田谷区 桜新町(さくらしんまち)

桜新町の地理

桜新町は世田谷区の中部に位置する住宅街です。
町名としての桜新町1~2丁目のほか、隣接する弦巻・深沢・新町などの周辺住宅地も桜新町エリアに含まれます。
桜新町駅からは東急田園都市線が利用でき、東京都心方面・神奈川方面への移動はスムーズです。
また田園都市線と相互直行運転を行っている東京メトロ半蔵門線は途中各駅で銀座線・千代田線・有楽町線など主要地下鉄のほとんどに乗り換えが可能で、都心主要エリアへのアクセスに不自由はありません。
道路はエリア南部で玉川通り(国道246号)と首都高速3号渋谷線に接し、エリア中央を都道427号(世田谷区・杉並区・練馬区を結ぶ)が走っています。お車での移動もスムーズでしょう。


ブランド力のある高級住宅地に関心をお持ちの方へ
東京都心の高級住宅地での住宅購入なら住建ハウジングにお任せください

桜新町の特徴

桜新町のルーツは江戸時代に農地として開拓された「新町村」に始まります。
明治~大正期、この地に高級別荘用地が開発され、ソメイヨシノの並木が設けられたことから「桜新町」と呼ばれるようになりました。
もちろん明治以前から別荘地として名高い地域はほかにありましたが、都心近くに人工的に開発されたのは桜新町が関東初であったことから脚光を浴び、今日に至るまで高い人気を誇っています。
住宅地として理想的な街並みは「サザエさん」の舞台にもなっており、桜新町を初めて訪れる人にとっても「見慣れた、どこか懐かしい街」と感じられるようです。





無料会員登録
無料会員登録で動画無料!

ページトップへ