目黒区 大岡山(おおおかやま)

大岡山の地理

大岡山は目黒区の南に位置し、世田谷区や大田区と隣接する地域です。
地名としての大岡山は最寄り駅の大岡山駅の西側に位置しますが、一般には駅周辺の商店街(大田区北千束)なども含めて大岡山エリアと認識されています。
交通アクセスは、大岡山駅から東急目黒線と東急大井町線が利用でき、田園調布駅までは約4分、目黒駅へは約5分、大井町までは約8分で移動できます。
田園調布駅で東横線に乗り換えれば渋谷駅までおよそ15分です。
エリアの近くを環七通りが走っていますからお車での移動にも好適です。

大岡山の特徴

大岡山のランドマークでもある大岡山駅は日本で初めて駅の直上に病院(東急病院)が設けられた駅舎として知られています。
白いフェンスに蔦をからませた美しい外観がトレードマークとなっており、東急病院は二次救急の指定を受けた総合病院として地域医療の中核を担っています。
駅周辺には170店舗が軒を連ねる「大岡山北口商店街」をはじめ4つの商店街があり、しばしばテレビにも取り上げられる活気あふれるエリアです。
日常生活を送るうえでのお買い物は地元で済ませることができます。
駅を少し離れると閑静な住宅街が広がり、敷地の広い一戸建て住宅が多いことから、広々とした空と豊かな緑を満喫できる好環境となっています。





ブランド力のある高級住宅地に関心をお持ちの方へ
東京都心の高級住宅地での住宅購入なら住建ハウジングにお任せください


無料会員登録
無料会員登録で動画無料!

ページトップへ