目黒区 学芸大学(がくげいだいがく)

学芸大学の地理

学芸大学は目黒区の中西部にある高級住宅地です。
かつてこの地に所在し地名の由来にもなっている東京学芸大学は移転しましたが、住民が長年慣れ親しんだ愛着深い地名であることから最寄り駅に「学芸大学」の名前が残され、このエリアの通称として今も「学芸大学」の名が定着しています。
学芸大学駅からは東急東横線が利用できます。
東急東横線は渋谷や横浜といったターミナル駅まで電車1本で移動でき、沿線には代官山、田園調布、自由が丘などの高級住宅地が連なる人気の高い路線です。
2駅北の中目黒で東京メトロ日比谷線に乗り換えれば霞が関や銀座などへの移動も楽々。
ちなみに電車での移動時間の目安は渋谷約8分、中目黒約3分、横浜約24分となっています。
エリアからは目黒通り・環七通り・駒沢通りが近く、お車での移動も快適でしょう。

高級住宅街「学芸大学」付近にはこのような物件があります


ブランド力のある高級住宅地に関心をお持ちの方へ
東京都心の高級住宅地での住宅購入なら住建ハウジングにお任せください

学芸大学の特徴

学芸大学は、駅周辺は庶民的で活気ある商業エリアが、駅を少し離れた碑文谷・鷹番などに高級住宅地が集中しています。
また樹林帯が広がりデイキャンプなどが楽しめる「林試の森公園」、ボート遊びや動物との触れ合いが楽しめ、ポニーにも乗れる「碑文谷公園」などの憩いの場も充実しています。
23区内で自然に囲まれ、のびのびとした生活をお求めの方にはうってつけのエリアではないでしょうか。





無料会員登録
無料会員登録で動画無料!

ページトップへ