杉並区 荻窪(おぎくぼ)

荻窪の地理

荻窪は杉並区の中央部にある人気の高い住宅地です。
昭和初期、総理大臣もつとめた近衛文麿公爵がこの地に別荘を構えたことから別荘地として知られるようになり、「西の鎌倉、東の荻窪」と並び称されるほどの人気を呼びました。

最寄りの荻窪駅からはJR中央線と東京メトロ丸ノ内線が利用できます。
中央線快速、中央・総武線各駅停車の2路線が停車することから新宿・御茶ノ水・秋葉原といった都心へのアクセスがよく、さらに千葉方面へも乗り換えなしで足を伸ばすことができます。
道路事情としてはエリア内を青梅街道・環八通りが走り、新宿方面をはじめ首都圏各地域に快適に移動できるようになっています。

荻窪の特徴

「荻窪」という地名の由来は、周辺の地形が窪地であったことと、かつてこの一帯が荻の群生地であったことによるといわれています。
趣のある風光明媚な土地であり、なおかつ都心にも近かったことから多くの作家や画家に愛され、与謝野晶子・鉄幹夫妻、井伏鱒二、太宰治、棟方志功などが居を構えました。
これによって荻窪の評判はさらに高まり、「荻窪文化」と呼ばれる独特の文化がこの地に定着しています。
高級住宅地であることに加えてこうした文化的な付加価値を持つエリアであることから、今日でも文化人やインテリ層の方が居を構えたがる傾向が見られます。




ブランド力のある高級住宅地に関心をお持ちの方へ
東京都心の高級住宅地での住宅購入なら住建ハウジングにお任せください


無料会員登録
無料会員登録で動画無料!

ページトップへ