世田谷区 用賀(ようが)

用賀の地理

普段お車をご利用の方でしたら、「用賀」という地名はパーキングエリアやインターチェンジの名前としてご記憶かもしれません。
地理的には世田谷区の中央からやや南に位置しており、古くは大山詣の参道である「大山道」の宿場町として賑わった地域ですが、現在は落ち着いた町並みが広がり、多摩川地域屈指の高級住宅街として知られています。
さて、用賀の地名の由来はかなりユニークなものです。
一般には真福寺の山号「瑜伽山(ゆがさん)」から転じたといわれていますが、一説には鎌倉期にこの地にヨガ(瑜伽)の修行場があり、それが用賀に転じたともいわれています。
北で上用賀、東で桜新町、南で中町、西で玉川台と面しており、駅の北側にそびえる高層ビル「世田谷ビジネススクエア」がこのエリアのランドマークとなっています。

用賀の特徴

数ある世田谷区の高級住宅街の中でも、用賀は交通の便の良さに加えて「用賀プロムナード」に象徴される都市施設の洗練ぶりが有名です。
用賀プロムナードは用賀駅から西へ伸び、砧公園や世田谷美術館とつながる遊歩道で、「いらかみち」の別名の通り、いらか(瓦のこと。ここでは瓦を含む石版全般の意)をモチーフとしたピラミッドや円形階段、ベンチ、百人一首の句といったモニュメントが随所にみられます。
こうした「町の余裕」が町の随所に見られ、高級感に加えて遊び心あふれる用賀の魅力を特徴付けています。

用賀の立地・魅力

最寄り駅は東急田園都市線用賀駅。
渋谷駅までは電車で約13分の距離です。なお、ひとつ隣の駅が二子玉川駅で、田園都市線はここから多摩川を渡り横浜方面へと伸びています。
都心へのアクセスはもちろん、横浜方面への移動もしやすい地域となっています。
また用賀は首都高速3号渋谷線、国道246号線に面しているほか、環八通り・世田谷通りも程近く、都心および都下一円、多摩方面へのお車の移動は至便といえます。
近隣には砧公園、馬事公苑などの広大な緑地が多く、気晴らしに散策なさるにはうってつけの距離となっています。
「気取らない上質」「さりげない高級」そんな言葉が似合いそうな町・用賀です。




ブランド力のある高級住宅地に関心をお持ちの方へ
東京都心の高級住宅地での住宅購入なら住建ハウジングにお任せください


無料会員登録
無料会員登録で動画無料!

ページトップへ