安定した副収入になる!?収益物件について詳しく解説!

近年、働き方改革での推奨や、会社勤めの給料だけでは十分な収入を得られないことなどから、副業をはじめる方が増加しています。副業の種類は、別の職場でダブルワークをする、株式やFXのような投資をする、プログラマーやウェブライターとして在宅ワークをするなどさまざまです。ここでは、数ある副業のなかでも収益物件についてご紹介いたします。

収益物件とは

毎月、一定の安定収入を得ること目的として購入する不動産のことを、一般的に「収益物件」とよびます。具体的には、一棟売りのアパートやマンション、テナントビルなどが収益物件にあたります。居住用や仕事場、事務所などとして物件の貸し出しをすることで賃料を受け取り、利益をあげることができるのです。その種類は用途によりさまざまで、住居系不動産や事務所系不動産、商業系不動産などと区分されます。

安定収入として最適?収益物件のメリットとデメリット

安定した収入が得られるとして、収益物件は近年注目を浴びています。ここでは、注目を浴びている理由である収益物件のメリットと、一方で注意すべきデメリットについてご紹介します。

メリット

1つ目のメリットとしては、手元の資金を上回る額で運用できる点(レバレッジ効果)が挙げられます。収益物件のように不動産へ投資する場合、頭金を準備することで自己資金以上の物件が購入できます。物件の購入後、購入における借入費用の返済と利息の支払いが続きますが、収益物件によりそれ以上の収入を得ることができれば問題ありません。ただし、返済のほかにも管理費や固定資産税など支払わなければいけないものがありますので、収益物件を購入する際には購入後の出費を確実に把握しておきましょう
2つ目は、収入の安定性です。投資の対象としては不動産のほかにFXや株式も人気がありますが、常に価値が変動するものであり、安定して収入を得られるという保証はありません。その点、収益物件は入居者さえいれば毎月必ず賃料が支払われることになり、0やマイナスになることはありません。
そのほか、生命保険としての役割やインフレ対策が挙げられます。収益物件に限らず金融機関からの借り入れにより物件を購入する場合、一般的に団体信用生命保険に加入することとなりますが、この保険に加入すれば万が一のことがあった場合、借入金の残高を金融機関が支払うことになります。そのため、遺族にとっては大きな遺産となるでしょう。また、不動産はインフレに強い資産のため、日本円の価値が下落した時にも大きな資産として存在し続けます。

デメリット

このようにメリットの多い収益物件ですが、当然のことながらデメリットもあります。FXや株式に比べて安定しているとはいえ、不動産の価値も上下します。購入当初は問題のなかった物件でも、環境の変化によってその価値が下落することも。また、法的リスクにも注意が必要です。税改正は3年に1度行われ、建築基準法が変わることもあります。常に、制度の変化に目を光らせておく必要があります。不動産投資には、専門的知識が必要不可欠です。自身で勉強をして備えておくことも大切ですが、いつでも相談できるパートナーを見つけておくことをおすすめします。

失敗しないための収益物件選定のポイント

収益物件の購入には多額の資金が必要となるため、失敗や後悔だけは避けたいものです。では、収益物件を選ぶ際、失敗しないために注意すべきポイントとはどのようなものでしょうか。ここでは一例をご紹介します。

立地

立地の確認は必要不可欠です。周辺の駅やバスなどの公共交通機関、道路事情、商業施設や医療機関の充実度など、不動産の価値を左右する環境条件はさまざまです。生活環境が整備されていない立地にある物件では、十分な収益を望むことはできません。可能であれば、どのような立地にある物件なのかを自分の目でしっかりと確認するようにしましょう。

将来性

大きな空き地や駐車場、事業予定地が近くにある場合は注意が必要です。そのような土地には大規模な建造物が建つことも考えられるため、周辺環境の変化によって価値が大きく変わる可能性があります。どのような変化が起こるかの予想は難しいものですが、不動産価値が上昇する可能性のある土地であれば、購入するメリットは大きいといえるでしょう。

収益性

安定した収益が見込まれるかどうかも、選定の重要なポイントです。利回りやランニングコストなども総合的に判断して、安定して収入を得ることのできる物件かどうかの事前検討を怠らないようにしましょう。

収益物件は長期にわたり安定した収入をえることが可能

収益物件は、運用さえ間違えなければ長期にわたり収入を得ることができ、老後も視野に入れることが可能な投資です。老後の年金受給も不安定な今の世の中では、大きなメリットといえるでしょう。ただし、長期にわたり安定した収入を得るためには正しい知識を養う必要があり、ご紹介したようなデメリットも把握しておく必要があります。満足のいく収入を得るために、しっかりと情報収集されることをおすすめします。

東京で住宅をお探しの方はこちらから
購入者の声も動画配信中です