世田谷区駒沢大学(こまざわだいがく)

駒沢大学の地理

駒沢大学は世田谷区の東、目黒区との区境に位置する住宅地です。
駒澤大学の最寄り駅であることから名付けられた駒澤大学駅周辺の駒沢1~4丁目、上馬、東が丘、野沢あたりまでが一般的に「駒沢大学エリア」と認識されています。
駒沢大学駅は東急田園都市線の駅です。
田園都市線は渋谷駅を起点に中央林間駅までを結びますが、渋谷駅から東京メトロ半蔵門線・東武スカイツリー線と相互直通運転を行っているため、表参道駅、永田町駅、大手町駅など都心を横断して埼玉方面まで乗り換えなしで移動できます。
また首都高速3号渋谷線、玉川通り(国道246号)、環七通り、自由通り(都道426号)などの幹線道路も充実しており、都心方面・神奈川方面などへのお車での移動も快適でしょう。


ブランド力のある高級住宅地に関心をお持ちの方へ
東京都心の高級住宅地での住宅購入なら住建ハウジングにお任せください

駒沢大学の特徴

駅近くに駒沢大学が位置するため駅周辺は活気ある学生街ですが、駅を少し離れると約41ヘクタール(日比谷公園の約3倍)にも及ぶ「駒沢オリンピック公園」があり、地域住民の憩いの場となっています。
7500種類以上の樹木を有する緑地、充実したスポーツ施設、ドッグランなどがあり、犬を飼っておられる方やスポーツ好きの方にとっては非常に魅力的な立地です。
このエリアは車の通らない生活道路が多く各所に公園や遊歩道が整備されているため、子育て世代の方も安心してお住まいいただけます。





無料会員登録
無料会員登録で動画無料!

ページトップへ