世田谷区 駒沢(こまざわ)

駒沢の地理

駒沢は世田谷区の南西に位置し、首都高速3号渋谷線および国道246号線をまたいで南側に駒澤大学駒沢キャンパスを有し、駒沢オリンピック公園に面しているエリアです。
南側はオリンピック公園の半周を覆うように駒沢通りまで町域が伸び、駒沢通り(都道416号線)に接しています。

駒沢は明治22年の町村制施工の際、上馬引沢村・下馬引沢村・野沢村・弦巻村・世田ヶ谷新町村・深沢村の6村の合併により誕生しました。
村名に「馬」と「沢」の文字が多かったことから、「馬」を同意語の「駒」に置き換え、駒沢としたのが地名の由来となっています。

東側は東が丘(目黒区)、北は上馬と弦巻、西は新町、南は深沢と隣接しています。
周辺には日本体育大学、東京学芸大学、東京医療保険大学も立地しており、その付近は学生街としての賑わいもみせます。
首都高速沿線を除いてはおおむね全域が閑静な高級住宅街となっています。

駒沢の特徴

駒沢の特徴として挙げられるのは「高級住宅街」と「学生街」の二面性を併せ持つ町だという点です。
駒沢の交通インフラは首都高速3号渋谷線沿いに集約しており、この地域の主要幹線道路となっている国道246号線は3号線の直下を走っています。
また最寄り駅となる駒沢大学駅もこの2つの道路の地下駅となっており、地域の商業施設は駅周辺および道路沿線に集中しています。

駒沢の立地・魅力

最寄り駅である東急田園都市線駒澤大学駅から渋谷駅までは電車でおよそ7分。
新宿や池袋などの都心主要ターミナルへのアクセスもよく、交通の利便性が高い地域となっています。
お車での移動には、前述の通り国道246号線、都道416号線、首都高速3号渋谷線が利用しやすく、またエリアのすぐ東に環七通りがあるため都心および都下一円、また神奈川方面への移動もスムーズでしょう。

駒沢オリンピック公園、駒沢緑泉公園など域内には緑豊かなレクリエーション施設も多く、手軽に散策やスポーツを楽しんでいただけるでしょう。
都心の利便性と郊外ののびやかさ。
そのふたつを併せ持つ駒沢は、住む人に上質な生活をもたらしてくれそうです。



無料会員登録
無料会員登録で動画無料!

ページトップへ