千代田区 平河町(ひらかわちょう)

平河町の地理

平河町(ひらかわちょう)は、東京都千代田区の西部、東京メトロ永田町駅・青山通り(国道246号線)の北側に位置しています。 青山通りを境に南側には国会議事堂や各政党本部などが置かれる政界の拠点である永田町、北側には多くの各国大使館が置かれる麹町、東側には皇居・最高裁判所が位置する隼町が隣接しています。
このため治安の良さは都心でも群を抜いており、平成25年度の地価公示ランキング住宅地部門では、平河町2丁目が全国6位に輝くなど、人々の憧れを集める場所になっています。

平河町の特徴

周辺に丸の内・大手町といったオフィス街、霞ヶ関・永田町などの官庁街・皇居や千鳥ヶ淵などの緑地など、あまり住宅というイメージを抱かれる方は少ないと思われます。
ですが、平河町には低層の戸建住宅、中高層マンションなども多く見られます。
立ち並ぶオフィスビルも5~6階建と、比較的背の低い建物群が立ち並び、都心の真ん中でありながら落ち着いた雰囲気が包み込む、心地良い住環境が形成されています。

こうした住宅地から少し離れた永田町駅前で、近年再開発事業が行われ、オフィス・住宅からなる24階建ての複合施設「平河町森タワーレジデンス」が完成されました。
周辺の建物に邪魔されることなく都心の景色を一望できる都市型のライフスタイルが提案される近代的な一面も持ちます。
閑静な住宅街・近代的なタワーマンションと、多様性に富んだ住環境により、平河町は多くの人の注目を集める場所になりつつあります。

平河町の立地・魅力

平河町内には鉄道駅は立地しておりませんが、隣接する永田町との境界部に東急メトロ半蔵門線・南北線・有楽町線の永田町駅があり、最長でも徒歩10分程度と非常に恵まれた交通の便を有します。
こうした公共交通機関へのアクセスの良さも非常に魅力的です。

また隣接する青山通りから首都高速4号新宿線へのアクセスも可能です。
こうしたお車でのアクセス面も良好とあって、住環境に並び交通面も注目を浴びる場所になっています。




ブランド力のある高級住宅地に関心をお持ちの方へ
東京都心の高級住宅地での住宅購入なら住建ハウジングにお任せください


無料会員登録
無料会員登録で動画無料!

ページトップへ