千代田区 永田町(ながたちょう)

永田町の地理

永田町(ながたちょう)は、千代田区の南部に位置し、青山通り(国道246号線)・内堀通り(国道20号線)・外堀通り(都道405号線)・都道412号線でぐるっと取り囲む地域を指し、東側には永田町のシンボルであるとともに政界の象徴である国会議事堂がそびえます。

古くは大名屋敷が立ち並ぶ武家町として栄えましたが、明治以降に軍政機関が置かれるなど、次第に国家の要衝といった一面を見せ始めます。そして国会議事堂の完成とともに日本の政治の中心部となり、現在では隣接する霞ヶ関エリアとともに、日本の国家機能が集中する場所として知られます。

永田町の特徴

国会議事堂や首相官邸、衆・参議院議長公邸や諸政党の本部などが立地し、日本の政治の中心というイメージが強い永田町ですが、エリア西側にはタワーマンションのプルデンシャルタワーレジデンスがそびえます。永田町内において超高層住宅は稀であり、他の建物に邪魔されることなくタワー上層からの絶景を独り占めするといった贅沢なひとときを過ごすことができるでしょう。

またこうした都市的な一面を持ちつつも桜の名所として知られる日枝神社など、都心部でありながら緑が残るといった豊かな自然も併せ持つ……豊かなまちの表情が見られる数少ない場所です。

ブランド力のある高級住宅地に関心をお持ちの方へ
東京都心の高級住宅地での住宅購入なら住建ハウジングにお任せください

永田町の立地・魅力

政界の象徴という顔を持つ一方で、永田町は4つの駅・6路線が通う交通の要衝でもあります。特に住宅エリアの最寄りとなる赤坂見附駅からは、東京メトロ銀座線・丸ノ内線など、新宿・渋谷といった都心拠点へのアクセスも1本で可能です。
また4本の幹線道路に囲まれる場所だけあって、お車での移動もスムーズに行うことができます。

近年では再開発によりタワーマンションが出現するなど、政治の中枢からタワーマンションや近代的でモダンな住宅街へと変貌しつつある永田町。
しかし格式高いイメージは変わらずに残り続けています。
随所で重厚な品格を感じられる、落ち着きと気品あふれるまちになっています。




ブランド力のある高級住宅地に関心をお持ちの方へ
東京都心の高級住宅地での住宅購入なら住建ハウジングにお任せください

ブランド力のある高級住宅地に関心をお持ちの方へ
東京都心の高級住宅地での住宅購入なら住建ハウジングにお任せください


無料会員登録
無料会員登録で動画無料!

ページトップへ