まずは不動産売却の大まかな流れを把握する

一戸建て住宅やマンションの売却、土地売却をご検討されているお客様に、不動産売却の大まかな流れをご説明致します。

1.不動産売却の第一歩は価格査定

スマートフォンで検索するイメージ

不動産売却を検討する上で、最初に知っておきたいのが査定価格です。一戸建て住宅やマンション、土地などの不動産を売却する際には、どの位の価格で売り出すのかをまずは決めなければなりません。

インターネットから無料の査定サービスをご利用になって、不動産のプロに査定してもらうことが良いでしょう。

一般的に大手不動産会社様の場合、相場より高い価格でまずは提示されるので一見良いと思われるのですが、実際その価格で売れることはめったになく、売値は相場程度になることが多いものです。

住建ハウジングは長年の歴史の中で培ったノウハウと、情報をもって綿密な調査をいたしますので、「売れる」価格を提示することができます。無料査定でお客様の物件の価格を調べてみましょう。

無料査定のお申込みはこちら

2.不動産のプロに価格査定を依頼する場合

紹介するイメージ

査定価格は、売却の希望時期や近隣の状況、物件の状態、市況感などさまざまな要因に基づいて決まります。

そのため、相場を知るにしても自分自身で調査するには限界があります。

やはり、市場の最新の動向を把握し、経験豊富な不動産会社に査定を依頼するのが有効な手段です。不動産会社に依頼する場合、「机上査定(簡易査定)」と「訪問査定(実査定)」があります。

「机上査定(簡易査定)」はホームページで簡単査定ができる機能をもっているものもありますが、土地の査定というものは形や傾斜がほんの少し違っただけでも全く変わってくる世界のため、あくまで概算目安です。

一方で「訪問査定(実査定)」は現地を実際に内見して詳細な調査をするため、正確な価格を知ることができます。

3.不動産会社と媒介契約

打合せをするイメージ

不動産売却の流れの中でひとつの区切りとなるのが不動産会社との媒介契約です。

「専属専任媒介契約」や「専任媒介契約」、「一般媒介契約」という契約があります。住建ハウジングではお客様がおかれているご状況やご要望を汲み、最善の媒介契約をご提案致します。

4.宣伝活動のスタート

データを確認するイメージ

さて、媒介契約を結びますと、不動産会社による宣伝活動がいよいよスタートします。

依頼した会社のホームページでの掲載はもちろん、レインズ(不動産流通機構による運営)と呼ばれる全国の不動産関係者が見ることができる不動産データベースや、依頼した会社が取り組んでいるさまざまな媒体で物件が告知されます。

つまり発信力の強い会社へ依頼した方が、多くの露出を得られる可能性が高まるということになります。

住建ハウジングは、月間延べ500万人をこえる閲覧人数をもつ自社サイトはもとより、業界の中でもトップクラスの媒体露出力を持ちますので、お客様の物件を多くの方に情報としてお届けできます。

5.不動産会社と媒介契約

胸に手を当てるイメージ

購入希望者からの問い合わせがあれば、売却物件の見学へとすすみます。この段階で購入希望者からは価格をはじめとして物件に関するさまざまな要望が出てきます。

不動産会社担当者と入念に話し合いをした上で策定する販売戦略に基づいて、しっかりと対応していきたいところです。

住建ハウジングでは営業が、お客様の売却のパートナーとして、購入希望者様との折衝や最適な販売のお手伝いをいたします。

6.売買契約を結ぶ

握手をするイメージ

売買条件が合意に至ると、買い主と売買契約を結ぶことになります。この段階で物件価格の10~20%程度の契約金を受領することになります。

7.不動産の引き渡し

打合せをするイメージ

不動産の引き渡し手続きでは、売買代金の受領と併せて登記申請を行います。また、物件の鍵を引き渡し、売買契約はすべて完了となります。

ちなみに、不動産売却によって売却益が発生した場合、税金(所得税・住民税など)を納める必要が出てきます。

以上が簡単な不動産売却の流れになります。

売却の道程もまずは、査定の申し込みから。住建ハウジングではどこよりも親切、どこよりも早くをモットーに、どんなお問い合わせでも即日対応しております。

ぜひお声がけくださいませ。

1分で完了!無料オンライン査定に申し込む
0120-172-1110120-172-111営業時間 9:00~19:00 定休日 水曜日

ページトップへ