盗聴器・盗撮器発見調査

盗聴器・盗撮器発見調査とは?

ここ数年のインターネットの普及によって誰でも簡単に、顔を合わせること無く盗聴器を購入する事が出来るようになり、
さらに技術の進歩によって盗撮にも利用可能な超小型カメラが爆発的に売れるようになりました。
それらの全てではないですが、かなり高い割合で盗聴器・盗撮器は私たちの暮らす「家」のどこか に設置されている可能性があります。
つまり盗聴器が仕掛けられている事に気付くことなく生活している方が大勢いると言うことです。
日本の法律では、盗聴・盗撮器を仕掛ける際に許可なく他人の住居等に侵入する事は、「住居侵入罪」により罰せられますが、盗聴行為(受信行為)は外部に情報を漏らして損害を与えなければ法律上取り締まる事が出来ないのが現実です。
また盗聴器・盗撮器の販売や購入も違法ではありませんし、販売や購入を制限するための法律も存在しません。
一般的に「盗聴器・盗撮器」と呼んでいますが、それは使用目的などから後で付けられた名称であって、正式には盗聴器であれば微弱電波を発信・受信する情報収集用の送・受信機、盗撮器であれば防犯のための超小型防犯、監視カメラとして扱われています。
それ故に、盗聴器や盗撮器の購入は防げないのです。
被害に会わないためには、私達が日々の不安から目をそらさず、調査をすることが大切です。
入居をする前に調査をしておくことで、安心して生活を送っていただきたい。
そんな気持ちから住建ハウジングでは、盗聴器・盗撮器発見調査を始めました。

盗聴器・盗撮器調査の手順

弊社で物件の契約を済ませたら、担当の営業マンにお申し付け下さい。信頼できる担当の調査官がお客様に同行して徹底的に
調査いたします。
まずは発見例の多い設置場所を調査していきます。
その後、不安点を取り除くために家の隅々まで調査して回ります。
※盗聴器調査のご用命は担当の営業マンにお申し付け下さい。
万が一発見した場合は、スムーズに対処いたしますのでお任せ下さい。
設置場所等の具体的な例については下記に記しましたのでご参考にしてください。

発見例の多い盗聴器設置場所

<一般家庭>

■コンセントの周辺■家電製品の内部■室内照明の周辺■電話回線上■パソコンの周辺

■ドアの新聞受け■換気扇周り■ぬいぐるみの中■置時計、掛け時計の中■ゴミ箱の中

■観葉植物の周り■トイレ、浴室周辺 等

<事務所・店舗>

■コンセントの周辺■机の上(電卓型、ボールペン型など)■机の中、下回り■室内照明の周辺

■電話回線上(配電盤など)■パソコンの周辺■更衣室ロッカー内、上■トイレ周辺

■換気口周辺■置時計、掛け時計の中■ゴミ箱の中■観葉植物の周り■会議室机、イス下周り 等

以上のように設置場所は様々です。

盗聴器・盗撮器の種類

盗聴器・盗撮器は大きく下の3種類に分類されます。
【無線式】
微弱な電波を飛ばし、その電波を受信機で受信して盗聴するタイプ。
もっとも多く出回っており電池式と電源寄生の半永久式があります。
形状は…
黒いマッチ箱型、コンセントタップ型、ボールペン型、
電卓型カード型、電化製品組み込み型、音声感知起動型

盗撮器(盗撮カメラ)も上記のタイプが主流となっています。 直径1mm程度のレンズが装着されたピンホールカメラと呼ばれるものを様々なものに組み込み、映像と音声の両方を取り込むことができます。近年はデジタル技術の進化によってこの超小型カメラの更なる小型化、映像技術の進化は驚かされるものがあります。
【有線式】
室内に仕掛けたマイクやカメラからコードを引き電波を使わずに盗聴・盗撮する方法。
手間が掛かるため現在では主流ではないが電波を出さないというを考えると恐い存在です。
代表的な盗聴器としてはコンクリートマイクと言う物があり、建物の外に取り付け室内を盗聴する事もでき、
最近は電波式のコンクリートマイクも市販されています。
【電話盗聴】
電話線上、電話機内、配電盤に盗聴器が仕掛けられる物です。
これは一般の固定電話に限られ、通話中のみ電波を発信して盗聴されます。
よく盗聴器が仕掛けられていると電話にノイズが入ると言われているのはこのためです。
IP電話は盗聴できないと長年いわれてきましたが、取り付ける場所によってIP電話でも盗聴できるタイプも出てきているのが現実です。
上で説明したように様々な形に偽装した盗聴器が市販されています。
これらの盗聴器・盗撮器も身の周りの家電製品と同様に日々進化し私達のプライバシー、企業の機密情報を狙っているのです。
【注意事項】
●当社では無線式盗聴器のみを調査するサービスをいたします。
●弊社のサービスは、盗聴器が存在していないことを保証するものではありません。

ページトップへ