未完成現場チェック

チェック基礎チェック

チェックポイント 配筋

基礎は鉄筋とコンクリートで造られます。工事は次の手順で行われます。
  1. 基礎が配置される部分の地面に砂利を敷き詰めてつき固める
  2. 「捨てコン」と呼ばれるコンクリートを砂利にかぶせる
  3. 配筋工事をする
  4. 基礎の形にあわせて型枠をつくる
  5. 型枠にコンクリートを流し込む(打設)
配筋工事は基礎の工事の中でも比較的早い段階で行われます。見逃してしまわないよう、基礎工事の期間中だけは頻繁に現場に足を運ぶようにしましょう。なお、コンクリートを打設してから型枠を外すまでの養生期間が、夏は3日以上、冬は5日以上とられているかどうかもチェックします。

鉄筋に偏りはないか

鉄筋にコンクリートがどのくらいの厚みでかぶさっているかを「かぶり厚さ」といいます。かぶり厚さが薄いと 鉄筋がむき出しになってさ錆びやすくなるので、最低でも5cmは欲しいところです(建築基準法では4cm以上)。
鉄筋と型枠との間隔が4cm以上あるか、鉄筋が偏って型枠に近寄りすぎてないかをチェックします。

 

鉄筋の間隔は30cm以内か

鉄筋と鉄筋の間隔(ピッチ)は、建築基準法では「30cm以内」と決められています。
これより間隔が長いと基礎の強度が弱くなってしまいます。

 

 

チェックポイント アンカーボルト

基礎とその上に載る土台をつなぎ止めるのが「アンカーボルト」と呼ばれる金具です。アンカーボルトは基礎に埋め込まれるので、コンクリートが流し込まれて固まる前でないと手直しすることが出来ません。ここでは金具の位置や間隔を確認しましょう。

アンカーボルトに偏りはないか

アンカーボルトが基礎のほぼ中心に真っすぐ埋め込まれているかどうかをチェック。
基礎のコンクリートを流し込んだ後でアンカーボルトを設置する方法もありますが、正確な位置に埋め込むにはアンカーボルトを据え付けてからコンクリートを打設するのが望ましいのです。

 

 

アンカーボルトの間隔は2.7m以内か

公庫の基準では、アンカーボルトの間隔は2.7m以内です。
筋かいが取り付けられる柱の下や、土台のつなぎ目の部分には必ず設置することになっています。

 

 

 

チェックポイント 基礎のサイズ

 建物の構造部分についてはいくつかのレベルの基準が設けられています。最も基本となるのは建築基準法の基準ですが、より住み心地のいい家や長持ちする家を目指すなら、公庫の耐久性基準や住宅性能表示で高いランクに評価される標準を目指したいものです。
 基礎のサイズについても下記のような標準が設けられていますから現場で照らし合わせてみましょう。 「設計図面の中の”基礎伏図”に基礎のサイズが記載されているので、図面どおりに施工されているかをチェックするといいでしょう。

基礎の幅は12cm以内か

基礎のサイズは型枠が設置された後の方が測りやすいです。
まずは基礎のいちばん上の部分の幅が12cm以上あるかどうかをチェックします。

 

外側の高さは30cm以上か

基礎の外側の地盤面から基礎の一番上までの高さ(立ち上がり)は、公庫の基準では40cm以上、建築基準法では30cm以上です。
型枠の高さは基礎の高さよりやや高いので、正確な高さを現場監督などに確認するといいでしょう。

 

 

深さが24cm以上あるか

建築基準法では、地盤面(地表面)から捨てコンの上面までの深さ(根入れ深さ)は24cm以上。地盤面がよく分からないときは、基礎の高さと合わせて64cm以上あれば問題ありません。

 

 

内側の高さは外側より5cm低いか

基礎の内側の高さは外側の高さより5cm低くなっている必要があります。この現場はベタ基礎(上図参照)なので、内側のコンクリート面からの高さが35cmなら大丈夫です(公庫基準)。尚、布基礎(上図参照)の場合は底盤の幅が45cm以上、厚さが15cm以上あるかもチェックしたいところです。

 

 




お勧め物件一覧
東急東横線
田園調布駅
6,980万円
一戸建て
JR総武線
高円寺駅
5,380万円
一戸建て
小田急小田原線
豪徳寺駅
8,950万円
土地
京王線
初台駅
5,980万円
一括アパート
京王線
千歳烏山駅
5,580万円
一戸建て
京王井の頭線
浜田山駅
6,950万円
一戸建て
東急東横線
祐天寺駅
9,480万円
一戸建て

ページトップへ