未完成現場チェック

チェック仕上げチェック

チェックポイント 内装

建物が完成したら最後の竣工時チェックです。すでに建物の構造部分は壁や床で隠れてしまっているので、ここでは仕上げや設備類など細かい部分を主に点検します。まずは建物の中に入って内装のチェックから始めましょう。

床がきしまないか

中に入ったら、まず隅々まで歩き回ってみましょう。床がきしむようだと床組みに問題があると考えられます。さらにゴルフボールを置いて水平が保たれているかを調べるのも有効な方法になります。

点検口からのぞいてみる

入居後に配管や骨組みをチェックするための点検口が設けられていることを確認します。小屋裏収納の中の壁、浴室や押入れの天井などに設けられていることが多いので、実際にあけてみる。キッチンの床下収納庫を外すと床下ものぞけるはずです。

段差は5mm以内か

和室とリビング、居間と廊下などの境目でつまずいて転ばないよう、段差が5㎜以内になっていることを確認します。バリアフリー仕様の場合はこの他、廊下の幅や手すりなどもチェックします。

建具を開け閉めする

ふすまやドア、収納扉などの建具はすべて開け閉めして立て付けが良好かどうか調べます。ふすまを閉めて隙間がないことも確かめます。

水を流してみる

蛇口から水を出して止めた時に、「トントン」と音がしたら配管に施工不良の可能性があります。洗面ボウルや浴室、キッチンの流しに水を張り、一斉に栓を開けてスムーズに流れるかどうかも試します。

チェックポイント 外装

最後に建物の外まわりもぐるっと回ってみて、上から下まで丹念にチェックします。屋根の軒裏などに小屋裏換気口が設けられているかどうかも確認しておきましょう。

隙間が無いことを確認

窓やドアなどのサッシまわりやひさしなどが隙間なくきれいに仕上げられているかどうかをチェックします。
柱と柱の間に斜めに取り付けられている木材が筋交いです。地震や強風などで建物に水平の力がかかったときに、骨組みのねじれを防ぐ役目があります。同様に梁や土台のコーナーには火打ち梁(火打ち土台)が斜めに設置されます。斜めの木材は真直ぐの木材より取り付けが難しく、施工不良も起きやすいので重点的にチェックしておきたい箇所です。



お勧め物件一覧
JR山手線
五反田駅
8,000万円
その他
東急東横線
自由が丘駅
7,000万円
土地
JR京浜東北・根岸線
大森駅
6,180万円
土地
西武新宿線
野方駅
6,180万円
店舗付住宅
JR中央線
荻窪駅
10,000万円
一括ビル
京王井の頭線
浜田山駅
6,950万円
一戸建て
東京メトロ丸ノ内線
中野新橋駅
7,580万円
一戸建て

ページトップへ