未完成現場チェック

チェック下地張りチェック

チェックポイント 断熱材

外壁や天井、床の内部には断熱材が入れられます。断熱材の入れ方が適切でないと外の暑さや寒さが室内に伝り冷暖房の効率が悪くなるだけでなく、壁の中に水 滴がたまる「結露」が起こって、カビや腐食の原因になることもあります。下地を張る前にしっかりチェックしておきたい項目です。

断熱材に隙間はないか

壁や天井、床の断熱材が隙間なく丁寧に施工されていることを確認します。断熱材の種類によって工法が異なりますが、結露を防ぐため外壁と断熱材との間に通気層を設けるのが一般的です。

チェックポイント 防水処理

雨水が外壁の内部などに入り込まないよう、防水処理がきちんとされているかをチェックします。サッシまわりやベランダなど、細かい部分から水が入って木材が腐るケースも少なくないので注意が必要です。

防水テープは貼られているか

サッシのまわりに防水テープと呼ばれる幅の広いテープが貼られているかどうかを確認します。

水きり材は使われているか

バルコニーでは、水切り材と呼ばれる金物が使われているかをチェックします。住宅性能表示で劣化対策等級2以上とするには、土台と外壁の間にも水切り材を設けることが求められます。

チェックポイント その他

柱と柱の間に斜めに取り付けられている木材が筋交いです。地震や強風などで建物に水平の力がかかったときに、骨組みのねじれを防ぐ役目があります。同様に梁や土台のコーナーには火打ち梁(火打ち土台)が斜めに設置されます。斜めの木材は真直ぐの木材より取り付けが難しく、施工不良も起きやすいので重点的にチェックしておきたい箇所です。

ボルトの締め具合をチェック

木材をつなぎ合わせるボルトがナットでしっかり締められているかどうかをチェックします。ボルトのネジ山が3つ分、5㎜~6㎜程度出ている状態が正しい締め方です。この段階ではまだ仮止め状態の場合もあるが、締め忘れのないよう現場監督などに確認しておきましょう。

火打ち梁の取り付けを確認

入居後のメンテナンスを考えると、電気の配線も整然とまとめられていなければ困ります。乱雑なまま放置されている場合は改善してもらいましょう。



お勧め物件一覧
JR山手線
五反田駅
8,000万円
その他
東急東横線
自由が丘駅
7,000万円
土地
京王線
初台駅
7,990万円
一戸建て
西武新宿線
野方駅
6,180万円
店舗付住宅
京王線
千歳烏山駅
5,580万円
一戸建て
JR総武線
東中野駅
7,280万円
一戸建て
東京メトロ丸ノ内線
中野新橋駅
7,580万円
一戸建て

ページトップへ