不動産ニュース(2018年6月)

路線価、3年連続上昇 前年比0.7%(2018/7/2)

 国税庁は2日、相続税や贈与税の算定基準となる2018年分の路線価(1月1日時点)を公表した。都市部の再開発や不動産投資の活況を追い風に、平均変動率は前年比0.7%プラスとなり、3年連続で上昇した。都道府県別でみると、前年比5県増の18都道府県が上昇。上昇率トップの沖縄県は現在の統計方法となった10年以降、初めての5%台となった。

 都道府県庁所在地別の最高路線価は、昨年より6都市増の33都市が上昇し、全体を押し上げた。唯一下落となったのは水戸市でマイナス2.1%だった。

 最高路線価は、33年連続で東京・銀座の鳩居堂前で1平方メートル当たり4432万円。過去最高だった昨年の4032万円を更新した。再開発や訪日客増などを背景に、店舗やオフィス需要が高まっていることなどが要因とみられる。

 路線価は、全国の主要道路に面した土地1平方メートル当たりの評価額で、国土交通省が毎年3月に公表する公示地価の8割程度を目安に、国税庁が算出する。


毎日新聞より引用:参照元


⇒新着物件情報を確認する




お勧め物件一覧
都営浅草線
西馬込駅
8,250万円
一戸建て
東京メトロ有楽町線
月島駅
5,600万円
マンション
京王井の頭線
明大前駅
5,980万円
一戸建て
東急池上線
千鳥町駅
3,640万円
マンション
小田急小田原線
参宮橋駅
6,980万円
土地
小田急小田原線
千歳船橋駅
9,500万円
一戸建て
東京メトロ千代田線
赤坂駅
4,980万円
マンション

ページトップへ