不動産ニュース(2018年3月)

民泊届け出、スタート=米大手エアビーも登録申請 (2018/3/15)

 一般住宅の空き室などに旅行者を有料で宿泊させる「民泊」。住宅宿泊事業法(民泊新法)が6月に施行されるのを前に、同法に基づき民泊を営む事業者の都道府県などへの届け出が15日、始まった。インターネットで宿泊予約を受け付ける仲介業者の登録申請もスタートし、米国大手エアビーアンドビーのグローバル政策担当最高責任者であるクリストファー・レヘイン氏が観光庁を訪れ手続きを行った。

 同氏は「今後もより多くの観光客を日本に連れてきたい。きょうは初めての、そして大きなステップだ」と語った。田村明比古長官は「法律は一定のルールの下に、健全な民泊だけを普及させることを目的にしている。これから民泊業界、行政ともに協力していかなくてはいけない」と訴えた。


時事ドットコムより引用:参照元


⇒新着物件情報を確認する




お勧め物件一覧
東京メトロ日比谷線
広尾駅
3,980万円
マンション
JR京浜東北・根岸線
大森駅
6,200万円
一戸建て
東京メトロ丸ノ内線
南阿佐ケ谷駅
5,900万円
一戸建て
都営大江戸線
西新宿五丁目駅
4,580万円
マンション
小田急小田原線
代々木上原駅
7,780万円
一戸建て
JR中央線
三鷹駅
8,888万円
一戸建て
東京メトロ丸ノ内線
新大塚駅
5,980万円
一戸建て

ページトップへ