不動産ニュース(2018年2月)

民泊の適正実施に向けて、都がガイドライン(2018/2/20)

 東京都は19日、住宅宿泊事業(民泊)の実施運営に関するガイドラインを公表した。

 6月15日の住宅宿泊事業法施行を控え、事業実施者に対して、事業の適正な実施運営の確保、手続きの明確化するのが目的。事業を営もうとする場合の事前準備、届出、事業者に対する指導・監督等の各段階における注意事項などを盛り込んだ。

 事前準備・届出の段階では、都の窓口で事前相談を受けることや、周辺住民等への書面による事前通知、消防法令の適合書類の提出などを求めた。事業実施後は、住宅宿泊事業者に対して周辺住民からの苦情等の保存・記録や都の研修会の受講等を盛り込んだ。また、警察、消防、保健所等の関係機関と連携していくことにも言及している。


R.E.portより引用:参照元


⇒新着物件情報を確認する




お勧め物件一覧
西武池袋線
富士見台駅
6,550万円
一戸建て
京王線
上北沢駅
4,350万円
土地
JR山手線
新大久保駅
5,280万円
マンション
東京メトロ有楽町線
千川駅
4,390万円
土地
JR山手線
目白駅
1,580万円
マンション
東急池上線
戸越銀座駅
5,480万円
一戸建て
東急池上線
雪が谷大塚駅
7,380万円
一戸建て

ページトップへ