不動産ニュース(2018年2月)

首都圏M発売戸数、2ヵ月ぶりに増加(2018/2/15)

 (株)不動産経済研究所は14日、2018年1月の首都圏マンション市場動向を発表した。

 同月の発売は1,934戸(前年同月比39.7%増)と2ヵ月ぶりの増加。契約率は65.2%(同3.6ポイント上昇)となった。

 1戸当たりの平均価格は5,293万円(同23.4%減)、1平方メートル当たりの平均単価は78万7,000円(同19.3%減)と、いずれも大幅に減少した。

 即日完売物件は、「パークホームズ山王二丁目ザ レジデンス」1期(東京都大田区、4戸、平均1倍、最高2倍)の1物件4戸。月末時点の販売在庫数は6,875戸で、前月末に比べて231戸減少した。

 なお、2月については2,500戸の発売を見込む。


R.E.portより引用:参照元


⇒新着物件情報を確認する




お勧め物件一覧
JR総武線
大久保駅
4,500万円
土地
京王線
桜上水駅
9,480万円
一戸建て
都営大江戸線
牛込柳町駅
4,390万円
土地
京王線
上北沢駅
4,350万円
土地
京急本線
北品川駅
7,180万円
マンション
京急本線
京急蒲田駅
5,980万円
一括アパート
東京メトロ丸ノ内線
中野新橋駅
5,980万円
一戸建て

ページトップへ