不動産ニュース(2017年12月)

既存戸建て価格、4ヵ月ぶりに下落 (2017/12/7)

 (株)東京カンテイは7日、2017年11月の主要都市圏・主要都市別の中古(既存)木造一戸建て住宅平均価格動向を発表した。調査対象は、敷地面積100~300平方メートル、最寄り駅からの所要時間が徒歩30分以内もしくはバス20分以内、木造で土地・建物とも所有権の物件。

 首都圏の平均価格は3,054万円(前月比2.6%下落)と、4ヵ月ぶりに下落に転じた。都県別では、東京都が6,044万円(同7.2%下落)と大きく反転下落。神奈川県は3,146万円(同1.6%上昇)と、8ヵ月ぶりの上昇となった。千葉県は2,121万円(同0.4%上昇)と4ヵ月連続の上昇。埼玉県は2,200万円(同3.9%下落)と、反転下落した。首都圏では、東京都と埼玉県で下落した影響により全体で下落傾向となったが、神奈川県と千葉県では上昇している。


R.E.portより引用:参照元


⇒新着物件情報を確認する




お勧め物件一覧
西武新宿線
井荻駅
9,980万円
一戸建て
京王線
芦花公園駅
5,080万円
一戸建て
小田急小田原線
祖師ケ谷大蔵駅
7,080万円
一戸建て
東急田園都市線
用賀駅
5,970万円
一戸建て
東京メトロ丸ノ内線
新中野駅
5,300万円
一戸建て
西武新宿線
都立家政駅
5,180万円
一戸建て
西武池袋線
東長崎駅
6,780万円
一戸建て

ページトップへ