不動産ニュース(2017年11月)

観光での訪日外国人、民泊利用率が14.9%(2017/11/16)

 観光庁は15日、訪日外国人旅行者の宿泊施設利用(2017年7~9月期)のうち、「有償での住宅宿泊(民泊)」の利用率が12.4%にのぼることを明らかにした。

 近年、訪日外国人旅行者の宿泊施設利用動向に変化が生じており、同庁が行なっている「訪日外国人旅行者の宿泊施設利用動向調査」において、日本滞在中の利用宿泊施設において「その他」 の利用率が上昇していることから、有償での民泊を調査項目に追加したもの。

 中でも観光・レジャー目的の訪日外国人旅行者に限ると、有償での民泊利用率は14.9%のぼり、訪日外国人旅行者全体での利用率に比べて高い結果となった。「シンガポール」「フランス」「インドネシア」「オーストラリア」国籍で、「20歳代以下」の若年層、同行者は「家族・親戚」「友人」であるケースが多かった。 往復交通手段は「LCC」利用者が民泊非利用者より多い結果に。都道府県の訪問率は、「大阪府」「京都府」が高かった。旅行中にしたことは、「繁華街の街歩き」「テーマパーク」「日本のポップカルチャーを楽しむ」等が民泊非利用者より多い傾向にあるとした。


R.E.portより引用:参照元


⇒新着物件情報を確認する




お勧め物件一覧
京王線
桜上水駅
9,980万円
土地
西武池袋線
富士見台駅
7,190万円
一戸建て
JR横須賀線
西大井駅
5,690万円
一戸建て
都営浅草線
西馬込駅
5,380万円
マンション
都営浅草線
馬込駅
4,980万円
マンション
西武新宿線
新井薬師前駅
5,580万円
一戸建て
東京メトロ千代田線
赤坂駅
4,980万円
マンション

ページトップへ