お孫様のための不動産物件選びのポイント

なるべく若いうちにまとまった資産を持ち、それを運用する経験を持つことは経済感覚を養ううえで非常に大きなプラスになるでしょう。
可愛いお孫様には優良な不動産物件を買い与えて運用を任せてみるのもいいかもしれません。そういう場合に注意するべきポイントを紹介します。

○物件は小さな単位から

若いうちは失敗がつきものです。また、小さな失敗から大きな教訓を学べるのも若さの特権といえるでしょう。
そこで最初は、たとえばワンルームマンションなど、小さな物件の運用からスタートさせてみてはいかがでしょうか。

○都心の物件がオススメ

これから長い人生を歩むお孫様ですから、買い与える不動産も資産価値の長く保てるものがふさわしいでしょう。
これから日本は少子化が進んでいくものと思われます。今後数十年にわたって人口減少のリスクが低いのは首都圏・中部・大阪都心など大都市の中心部です。
こうした立地の不動産を購入しておけば、長期的な資産価値減少リスクを抑えられるのではないでしょうか。

○長期的な資産贈与計画を

年間、1人につき110万円以下であれば贈与税がかからないことはご存知かと思います。
お孫さんに不動産を贈与するのか、あるいは自分で所有して運用を任せるのかはご自由ですが、もし将来相続が必要なら、できるだけ相続税納税のための準備もしておいてあげたいものです。長期的な金融資産贈与計画も進めておきましょう。

ページトップへ