気になるところをマウスカーソルを合わせてチェック!

弊社大山スタジオ「リッツ」において、日本赤十字社東京都支部
救命法指導員3名を招き「救急法短期講習会」を30名の社員が受講。
社員一同 心肺蘇生法やAEDの取扱方法などを学びました。

       
  救急法指導員 岩城 隆一さん   救急法指導員 堀江 敏雄さん   救急法指導員 舩ア 春美さん  

これまで、知識として得ていた救急法を実際にやってみて
殆どの社員が「見るのと、やるのとは大違い。実習から沢山の事を学びました!」と
知識と実習との違いを体感していました。

住建ハウジングの活動が認められ表彰されました。

住建ハウジングに設置されたAED(自動体外式除細動器)。

AEDとは、突然、心停止状態に陥ったときに装着して用いる救命装置のことです。
Automated External Defibrillator の頭文字をとったもので、
日本語では「自動体外式除細動器」といわれています。
平成16年7月に一般市民による使用が解禁され、駅や空港、
そして全国のサービスエリア等に設置されています。(All Aboutより)


日本赤十字社(本社:東京都港区)は、国内の赤十字活動の拠点として、 各都道府県に支部を設置しています。
東京都支部は都内の赤十字活動を担っています。

1887年(明治20年)の創設以来、当支部は、都民の皆様のいのちと健康・尊厳を守るために、災害救護をはじめ救急法などの講習普及・医療・血液・社会福祉事業など幅広い活動を展開しています。

これらの活動はすべて、赤十字社員(会員)の皆様からの社費(会費)・寄付金と赤十字奉仕団をはじめとするボランティアの皆様によって支えられています。


日本赤十字社 東京都支部

公式ホームページ

ページトップへ