武蔵野市の相場

武蔵野市とはどういうところか?

武蔵野市は、東京23区に隣接した、アクセスのよい住宅都市です。
住宅、公園、商業地域がバランスよく存在し、常に「住みたいまち」の上位にランクインしているのが特徴です。
バスなどの交通の整備や、福祉、子ども、アニメ、音楽などを中心とした芸術活動も盛んなエリアとなります。

武蔵野市基礎データ

面積:10.73km2
世帯数: 13万7,513人
夜間人口:15万4,448人
昼間人口:43万9379人(14位)

武蔵野市の全体の地価相場

武蔵野市の全域での平均地価相場は476,900円/m2

東京における武蔵野市の土地相場

武蔵野市は東京多摩地区の東端に位置しています。武蔵野市の人口は平成27年4月1日現在で14万2899人です。
そのうち男性は6万8670人(前年6万8052人)、女性は7万4229人(同7万3532人)であり、どちらも微増していることがわかります。
東京都総務局統計部「東京都統計年鑑」の東京都の地目別土地面積(平成24年1月1日)を見ると武蔵野市の宅地のうち住宅地区は549.52ヘクタール、商業地区は61.96ヘクタールです。
多摩地区において武蔵野市の宅地面積に対する商業地区は比較的広く、商業地区だけ見ても多摩市や町田市を次ぐ広さになっています。
武蔵野市はベッドタウンとして有名な街ですが、商業的にも発展しているエリアといえるでしょう。

都道府県知事が公表する「平成26年度都道府県地価調査」によれば、武蔵野市の住宅地平均価格(1平方メートル単価)は42万900円です。
これは23区中13位の杉並区(46万4900円)に次ぐ数字であり、14位の江東区(41万2400円)とならぶ高い数値です。
多摩地区に限定した場合、商業地として有名な三鷹市(34万3200円)や立川市(23万2800円)よりも高く、土地平均価格(1平方メートル単価)は第1位となっています。
(土地平均価格は実際の物件の取引の実勢価格とは異なることがあります。ご注意ください)。

武蔵野市の人気エリア

国土交通省の「不動産取引価格情報」によれば、武蔵野市の平成25年第4四半期~平成26年第3四半期の土地取引数は856件です。
最も高い価格で売却されたのは境の土地で、1平方メートルあたり120万円で取引されました。これは23区における一等地並みの価格です。

武蔵野市の境は亜細亜大学や日本獣医生命科学大学など教育機関が集中しているエリアです。街には若者の姿も多く目立ちます。
境は古くから住宅地として発展してきたエリアでもあり、豊かな自然が残っていることから住環境がよい土地として有名です。
最近は駅前を中心として開発が進んでいて、高級マンションなどの富裕層向け不動産が目立つようになりました。
中心駅はJR中央本線と西武多摩川線が通る武蔵境駅です。JR中央線快速で新宿駅まで24分でアクセスできるのが魅力です。
交通の便がよいことから自然と住環境を求める人から高く評価されています。

また武蔵野市といえば吉祥寺も忘れてはいけません。多摩地区有数のショッピングスポットであり、若者の街としても有名な商業地区です。
東京の「住みたい街」にあげられることが多く、都心部へのアクセスにすぐれているため、特に若者からの評価が高い傾向にあります。

駅周辺はおしゃれな買い物施設や飲食店が集中する一方、駅から少し離れたところには高級マンションや一戸建てなど高所得者向けの不動産が多くなり、静かで洗練された雰囲気があります。
利便性だけではなく、環境面にもすぐれたエリアといえるでしょう。吉祥寺の土地相場は1平方メートルあたり約50万~80万円となっています。

1分で無料オンライン査定Tel:0120-172-111 営業時間 9:00〜19:00(定休日 水曜日)
前へ戻る

ページトップへ