不動産ニュース(2018年5月)

首都圏の新築マンションの収益力が最低水準へ(2018/5/7)

 首都圏の新築分譲マンションの収益力が低迷している。東京カンテイによる民間調査では、価格が賃料の何年分に当たるかを示す2017年の「PER」が前年並みの24.49。調査対象の00年以降では投資回収に最も時間がかかる結果となった。

 平均価格(70㎡換算)は6684万円と前年比2.9%上がった。平均賃料(70㎡換算)も月額22万4905円と2.5%上がっているが価格上昇幅に追いついていない。12年と比べると投資回収にかかる期間は5年ほど延びている。

 マンションPERは購入して貸した場合の収益力で数値が大きいほど収益力が低い。20を超えると利回りが5%を割り込んで割高とされる。今回調査で20を上回った地点の割合は約9割だった。

 なお、割安・割高感を判断しやすくするため、今回調査から賃料は築3年未満の築浅の物件に絞って集計した。


日本経済新聞より引用:参照元


⇒新着物件情報を確認する




お勧め物件一覧
JR山手線
大塚駅
4,800万円
一戸建て
東京メトロ南北線
六本木一丁目駅
3,780万円
マンション
東京メトロ日比谷線
広尾駅
3,980万円
マンション
東急田園都市線
二子玉川駅
5,380万円
一戸建て
東急田園都市線
二子玉川駅
5,780万円
一戸建て
西武新宿線
沼袋駅
5,290万円
一戸建て
都営浅草線
西馬込駅
5,650万円
一戸建て

ページトップへ