不動産ニュース(2017年8月)

投資用1棟アパート価格、3ヵ月ぶりに上昇 (2017/8/4)

 (株)ファーストロジックは4日、2017年7月期の「投資用市場動向データ」を公表した。同社が運営する不動産投資サイト「楽待」(http://www.rakumachi.jp)に7月中に新規掲載された物件、問い合わせのあった物件を調査したもの。

 投資用1棟アパートの表面利回りは、新規掲載物件が9.24%(前月比0.13ポイント下落)、問い合わせ物件が11.07%(同0.4ポイント上昇)となった。物件価格は、新規掲載物件が7,014万円(同272万円上昇)と3ヵ月ぶりに上昇。問い合わせ物件は5,788万円(同228万円下落)となった。

 投資用1棟マンションの表面回りは、新規掲載物件が7.84%(同0.03ポイント上昇)、問い合わせ物件が9.10%(同0.44ポイント上昇)。物件価格は、新規物件が1億9,682万円(同1,459万円下落)、問い合わせ物件が1億7,718万円(同1,848万円下落)。

 投資用区分マンションの表面利回りは、新規掲載物件が7.89%(同0.07ポイント上昇)、問い合わせ物件が10.32%(同0.24ポイント下落)。物件価格は、新規掲載物件が1,572万円(同29万円上昇)と4ヵ月連続の上昇。問い合わせ物件は1,235万円(同120万円上昇)となった。


R.E.portより引用:参照元


⇒新着物件情報を確認する




お勧め物件一覧
都営浅草線
馬込駅
6,700万円
一戸建て
JR総武線
馬喰町駅
6,800万円
店舗付住宅
京王線
初台駅
7,990万円
一戸建て
東急東横線
学芸大学駅
5,980万円
土地
JR中央線
荻窪駅
10,000万円
一括ビル
東急東横線
代官山駅
8,480万円
マンション
京王線
初台駅
8,490万円
マンション

ページトップへ