不動産ニュース(2017年4月)

マンション販売鈍化=価格高止まりで24年ぶり低水準-16年度(2017/4/18)

 不動産経済研究所が17日発表した2016年度の首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の新築マンション発売戸数は、前年度比4.4%減の3万6450戸だった。3年連続の減少で、1992年度(2万8460戸)以来、24年ぶり低水準。価格の高止まりを背景に売れ行きが鈍化しているため、新規のマンション供給を絞る動きが広がった。  発売月に契約が成立した物件の割合は4.2ポイント低下の68.5%。好不調の目安とされる70%をリーマン・ショックが起きた08年度以来、8年ぶりに下回った。  1戸当たりの平均価格は1.4%下落の5541万円と5年ぶりに低下した。施工費の上昇が16年秋ごろから一段落したことや、1戸当たりの分譲面積を縮小する動きを反映した。ただ、同研究所は「(建築業界の)人手不足は解決しておらず、今後も価格の下げ幅は限定的にとどまる」とみている。  近畿圏(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県)の16年度の発売戸数は0.1%減の1万8359戸と、92年度(1万3966戸)以来の低い水準となった。大阪市や京都市での発売減少が目立った。



jiji.comより引用:参照元

新着物件情報を確認する



お勧め物件一覧
都営浅草線
馬込駅
6,700万円
一戸建て
JR総武線
高円寺駅
5,380万円
一戸建て
東急田園都市線
池尻大橋駅
7,000万円
一括店舗
東急池上線
池上駅
7,780万円
一戸建て
東急大井町線
九品仏駅
8,570万円
一戸建て
京王線
明大前駅
8,554万円
土地
小田急小田原線
祖師ケ谷大蔵駅
7,950万円
一戸建て

ページトップへ