不動産ニュース(2017年2月)

中古住宅、無料で保険 大手10社が欠陥の修繕費補償 (2017/2/20)

 積水ハウスなど大手住宅メーカー10社による優良ストック住宅推進協議会は20日、同協議会が売買を仲介する中古住宅に欠陥が見つかった場合に修繕費用を補償する専用の「瑕疵(かし)保険」を無料で付けると発表した。一般的な住宅では6万円ほどの保険料を買い手が支払うことが多いが、同協議会が代わりに負担し、中古住宅の流通を後押しする。

 住宅保証機構(東京・港)と専用保険を共同開発した。4月から提供を始める。物件によって引き渡しから最大5年間、建物に欠陥が見つかった場合に1千万円まで修繕費を補償する。

 通常、瑕疵保険を付けるには事前に劣化状況を調べる住宅診断(インスペクション)が必須だが、同協議会の物件は定期点検や専門家が査定をしているため、通常、6万円程度かかるインスペクションも不要とした。

 中古住宅の売買では一般的に引き渡しから3カ月以降に見つかった欠陥について、売り手は責任を負わない。安全を保証するため、買い手が6万円ほどのインスペクション代や瑕疵保険料を負担することが多かった。

 同協議会は大和ハウス工業や住友林業など10社が建てた住宅を独自基準で査定し、売買を仲介している。2016年度は前年度比1割増の1600棟の仲介を見込む。



nikkei.comより引用:参照元

新着物件情報を確認する



お勧め物件一覧
JR山手線
五反田駅
8,000万円
その他
東急東横線
田園調布駅
6,980万円
一戸建て
JR総武線
高円寺駅
5,380万円
一戸建て
東急池上線
池上駅
7,780万円
一戸建て
西武新宿線
野方駅
6,180万円
店舗付住宅
京王線
明大前駅
8,554万円
土地
東急東横線
祐天寺駅
8,890万円
マンション

ページトップへ