不動産ニュース(2017年1月)

中古購入40歳未満、住宅改修最大65万円補助 (2017/1/13)

 国土交通省は、中古住宅を購入し、省エネや耐震改修などのリフォーム工事を行った人に、最大で65万円を補助する新たな制度を作り、2月にも申請の受け付けを始める。

 補助対象を40歳未満に絞り、子育て世帯など若年層の住宅取得を後押しする。中古住宅やリフォーム市場を活性化させ、空き家の増加に歯止めをかける狙いもある。

 対象となるのは、中古住宅を購入した40歳未満の人で、専門家に建物の劣化状況などを検査してもらう「インスペクション(住宅診断)」を受けることなどが条件だ。住宅診断と省エネリフォームにかかる費用について最大で50万円を補助し、耐震改修を行う場合はさらに15万円が上乗せされる。補助金は宅建業者などが住宅購入者に代わって国に申請し、購入代金から補助額を差し引く仕組みだ。同省は1万戸以上の利用を見込んでいる。



YOMIURI ONLINEより引用:参照元

新着物件情報を確認する



お勧め物件一覧
JR山手線
五反田駅
8,000万円
その他
都営大江戸線
新江古田駅
4,500万円
一戸建て
東急東横線
田園調布駅
6,980万円
一戸建て
東急田園都市線
池尻大橋駅
7,000万円
一括店舗
京王井の頭線
浜田山駅
6,950万円
一戸建て
小田急小田原線
豪徳寺駅
6,180万円
一戸建て
東急東横線
祐天寺駅
9,480万円
一戸建て

ページトップへ