今注目される「民泊」

最近、メディアでよく目にする「民泊」という言葉。
民泊とは宿泊施設ではなく、民家に宿泊することを意味します。
通常旅館などの営業には許可が必要ですが、民泊条例の施行で個人宅の空き部屋などを宿泊施設として貸せるよう条件が緩和されました。
東京では五輪開催に向け、大田区では2016年1月29日に特区民泊の条例が制定されています。

ページトップへ