中古住宅リノベーションで100点満点を取るポイント

近年、中古の戸建てやマンションを購入し、自分好みの住宅に改装して暮らす「リノベーション」派が増えています。
リノベーション物件は、「同じ地域に新築住宅を購入するよりお得」なことがメリットですが、間取りや内装、施設・設備を新しく生まれ変わらせることにより、まえの住人の存在を感じることなく、まるで一から設計した「注文住宅のように暮らせる」ことが最大の魅力でしょう。
しかし、リノベーションも万能ではありません。
むしろ改築によって「動線が変わって生活しづらい」「家族構成の変化に合わない」といった問題が発生することもあります
。また、「予算が大幅にオーバー」「施工会社とのトラブルが発生」というケースも考えられます。
リノベーションにかかる費用は、住宅購入費ほど多くはありませんが、決して小さい金額ではありません。
また、家は生活をする場所ですから、何度も工事をし直すことも現実的ではないでしょう。
リノベーション前提の家選びについて、その魅力と注意すべきポイントをまとめました。

実は似て非なる「リフォーム」と「リノベーション」

不動産における「リフォーム」という言葉は、古くなった物を替えたり、傷んだ部分を元通りにしたりするということです。
具体的には、壁紙のクロス貼り替えや水回りの設備を交換するといったものが該当します。
より大きな変更である「床を畳からフローリングに変える」「バリアフリー化する」といった工事も、実はリノベーションの意味を半分しかとらえていません。
では、真のリノベーションとは何を指すのでしょうか?
リノベーションという言葉には、「手を加えて良くする」「修復」「再生」に加え、「革新」「刷新」という意味が含まれています。
つまり、新しい物との交換や、見た目や性能に多少手を加えただけでは「リフォームの域を出ていない」ということです。
上記を踏まえてリノベーションを考えたとき、キーワードとなるのは「生活機能の向上」や「生活の質の向上」「将来を見据えた改装」ということになるでしょう。
よくポストに投函されている「フルリノベ済み」「リノベーション物件」と謳った不動産広告も、この視点で見直すと単なるリフォームにすぎないことがわかるでしょう。
リノベーションとは、そこに暮らす人(家族)が主体となり、自分たちのために住宅の改装を行うことなのです。

リノベーション物件の探し方

リノベーションを前提に住宅を探すときは、まず家族全員の希望を聞き、まとめておくことが大切です。
最寄り駅や周辺施設、間取りはもちろん、キッチンや水回りの設備など、家の隅々まで条件を出し、それぞれ優先順位をつけましょう。
このとき注意したいのは「今現在の家族ではなく、将来を見据えて」条件をまとめることです。
例えば、子供には成長に合わせて部屋を用意する必要がありますし、両親と暮らす場合は高齢者の生活を考えなくてはいけません。
これらを総合的に考慮した上で、条件に合致する物件を探しましょう。
また、物件を探すときはリノベーションすることを初めから話しておく必要があります。
これは、物件によってリノベーションの可否があるためで、不動産会社の担当者に条件のひとつとして伝えておけば問題ありません。
このとき「間取りを大きく変えたい」「水回りの設備を移動する」といった工事の内容も明らかにしておくと、よりスムーズに物件が探せます。

施工会社は経験豊かな業者がおすすめ

住宅を探しながら、実際にリノベーション工事を行う施工会社も並行して探すことも大切です。
工事に入るまでの「プランづくり」や見積もりには時間が必要ですから、物件購入後に施工会社を探し始めたのでは数ヵ月ものロスが生じてしまう可能性があります。
物件探しと同時に、施工会社とリノベーションプランを進めておくことで、購入から住み始めまでの時間を短縮できるのです。
また、候補の物件をリノベーション業者といっしょに回ることもポイントです。
プランづくりにはプロが現場を見るのが一番で、「ここの天井は吹き抜けにできる」「水回りは動かせない」「こちらの壁は取っ払える」といったアドバイスを受けることができます。
業者にしても、建物の構造を知ることで依頼主が望むリノベーションの可否を判断できますので、喜んで内覧に付き合ってくれるはずです。

施工会社の選定にあたっては、「リノベーションを多く手掛けている」「施工例が好みに合う」「地元密着」の業者がおすすめです。
事例が多い業者はそれだけノウハウを蓄えていますし、参考になるプランも豊富ですから、具体的な仕上がりイメージをもって打ち合わせをすることができます。
雑誌やWebで気になる施工例に出会ったときは、その業者と連絡を取ってみても良いでしょう。
また、地元で長く商売をしている業者は、地域の信頼が大きな武器です。
相場から外れた請求や手抜き工事をしないのはもちろんのこと、打ち合わせの段階から「地域の目」を意識している場合がほとんどなので、適正な価格でしっかりした工事を行ってくれる可能性が高くなります。

テーマを決めてとことんこだわるリノベーション

注文住宅を選択しないかぎり、理想の間取りやデザインの家には出会えません。
しかし、リノベーションであれば、中古住宅を望みどおりの住居に生まれ変わらせることができます。
例えば、下記のようなリノベーションを行うことにより、以前の建物とはまったく違う「自分だけの」生活空間が作れます。

・同じ階の部屋の壁を取り払って広大なリビングを実現する
・低く圧迫感のある天井を吹き抜けに変更する
・窓を大きくして光をより多く取り入れる
・曲線や段差を取り入れる

このとき、下記のようにデザインや調度品などにも気を配ると、より「自分好み」の部屋にすることが可能です。
自分や家族の趣味を活かした部屋づくりは、リノベーション住宅の醍醐味でもあります。

・海外旅行で泊まった高級ホテルの一室を再現する
・アンティークの部材や家具で古き良き時代を再現する
・海外から大理石や彫刻を取り寄せてラグジュアリーな空間を築く
・暖炉を設置して北欧風のリビングダイニングにする
・ライティングを工夫して絵画をより魅力的に見せるギャラリー風にする

まずはコンセプトを定め、イメージを施工会社と共有しながら作業を進めましょう。
もちろん、リノベーションの基本である機能や利便性、動線の確保を忘れないことも大切です。