料理好きが憧れるこだわりキッチン

外国製の豪華なシステムキッチンや大きなワインセラー。
新居を探す際には、これらの条件は外せないという方も多いのではないでしょうか?
では、高級住宅におけるキッチンとはどのようなものなのでしょうか?
キッチンを中心に新居を探す方のために、知っておきたい3つのポイントと注意点をご紹介します。

キッチンが充実している物件にはこのようなものがあります

ポイント1 キッチンタイプ

キッチンは大きく分けると3つのタイプがあり、それぞれメリット・デメリットがあります。

独立型キッチン

食事をするスペースとは完全に分けられた独立型キッチン。
このタイプのキッチンは、調理時の匂いや煙が、他の居住スペースに流れていかないというメリットがあります。
その一方で、料理をする人がキッチンで一人になってしまいます。
調理に集中できるという点ではメリットになりますが、家族とともに同じ空間で過ごすという意味ではデメリットになるかもしれません。

セミオープン型キッチン

間仕切りがないセミオープン型キッチン。
壁ではなくカップボード(食器棚のようなもの)などの収納家具を使って、キッチンとダイニングを分けているタイプです。
キッチンの収納とダイニング側で使う家具などのテイストをそろえることで、ダイニングとの統一感があるキッチンを作ることができます。
また、料理中にもダイニングの様子が見られますので、小さなお子様のいる家庭でも安心です。

オープンキッチン

キッチンとダイニングとのあいだを一切仕切らないオープンキッチン。
開放感があるのがメリットですが、調理時の煙や臭いなどがダイニングに流れてしまう点はデメリットになります。

ポイント2 レイアウト

キッチン設備のレイアウト方法はいくつかありますが、これまでは一方の壁にすべての設備を並べる「I型」や、コーナーを利用して2面に設備を広げる「L型」といった、壁に沿ってキッチンを設置する方法が主流でした。
しかし最近では、部屋の中央にキッチン設備を置く「アイランド型」や、壁側にコンロ、中央にはシンクといったように設備を分けて配置する「ペニンシュラ型」などもよく選ばれるようになりました。
どういったレイアウトにするのかも、キッチンにこだわる方には重要なポイントでしょう。

ポイント3 設備

料理好きなら、キッチンの設備選びにもこだわりたいところ。
水回りからコンロ、収納まで、さまざまなアイテムを個別に選ぶことができる「セクショナルキッチン」タイプの家にすれば、自分だけのこだわりのキッチンを作ることができます。
例えば欧米の大型家電(冷蔵庫やオーブン、ワインセラーなど)を設置する場合、それらを中心にしてほかの設備をひとつずつそろえていくことになります。
そのため、アイテムごとの色や高さが合わないという欠点があります。

一方で、キッチンに必要な設備をセットにした「システムキッチン」もあります。
設備はすべて一体化されているため統一感があり、見た目にも美しいキッチンとなります。
国内外の多くのメーカーが開発・販売していますので、アメリカンスタイルや北欧風など、好みに合ったデザインを探すことができます。

新居のキッチンスペースを確認しよう

夢のキッチンを実現するためには、まず新居の状態を確認しましょう。
現在のキッチンスペースに、好みの家電や設備を設置できるのかが重要なポイントとなります。
特に海外メーカーの冷蔵庫やワインセラーなどは、日本製とはかなりサイズが異なりますので、設置できるスペースの確保や、床の耐荷重の確認は必須です。
特に外国製のシステムキッチンは大きなスペースを必要とする場合があります。
そのときはキッチンだけではなく、ダイニングやリビングを含むレイアウトの検討が必要になるケースも考えられます。
その場合は、部分的な、あるいは全面的なリフォームやリノベーションを視野に入れたほうがいいかもしれません。
また、見落としがちなのが運搬時の動線の確保です。
ドアや窓からの搬入が可能かどうか、エレベーターや階段で運べるかどうかなども、忘れずにチェックしておきましょう。
なお、動線確保の重要性は国内メーカー製の場合も同様ですので、日本製だからと安心せずに必ず確認してください。

外国製システムキッチンの注意点

外国製システムキッチンを購入する場合は、納期にも注意が必要です。
国内に在庫がなければ、その分納期がかかりますので、最悪引越し時に間に合わないことがあるかもしれません。
外国製の家電製品については電圧が日本の規格に合致すること、水道管の口径や規格がマッチすることを確かめておく必要もあります。
最後に、万が一の故障や調子が悪くなった場合に、日本国内で修理が可能かどうかを確認しておきましょう。
使用する部品の取り寄せが必要になれば、長期にわたって不便な生活を送ることになるかもしれません。
こういった事態を防ぐには、国内にショールームや代理店があるメーカーを選ぶこともポイントのひとつになります。

キッチン選びは家選び

実現には少しの時間と綿密な計画が求められる「こだわりキッチン」。
しかし、日々の料理作りを楽しみ、家族や友人との時間を快適に過ごせるキッチンを作ることは、「料理好き」の夢であることは間違いありません。
実際に住み始めてからでは大きく変更することが難しい場所でもありますから、住宅を購入する際に、時間をかけて理想のキッチンを計画してみてください。

キッチンが充実している物件はこちら