不動産は売却する前にリフォームすべきか?

一戸建て住宅やマンションなどは売却する前にリフォームした方が高く売れるのか?それともリフォームしない方が良いのか?
売り主にとっては判断が非常に難しいこの問題について考えてみましょう。

リフォーム費用を回収できるとは限らない

電卓と筆記用具のイメージ

不動産を売却するときに悩むのが「リフォームはするべき?」という問題です。

売却する側からすると「きれいな方が売れるのでは」と思うかもしれませんが、リフォームをする場合、少なくないお金がかかります。

たとえばトイレリフォームの相場は約40万円、キッチンまわりは約80万円、内装をほとんど変更するトータルリフォームならば約1,000万円と、かなりの金額が必要です。

状態がきれいであれば高く売れると考えがちですが、リフォーム代金を上乗せすることで他の物件よりも高くなってしまうと、結果的に売れにくくなる可能性があります。

リノベーション素材としての中古物件

玄関のイメージ

近年、リノベーション用物件として中古不動産を購入する方が増えています。

リノベーションとは一戸建て住宅やマンションを解体・骨組みの状態にしてから内装をすべて交換すること。簡単に言ってしまうと大規模なリフォームです。

壁の素材から間取り、設備まですべてをオーダーメイド感覚で作れるので、こだわり派のオーナーに評判です。

このようなリノベーション物件を探している方にとっては購入後にすべて交換してしまうため、壁紙が汚れていようと、トイレが壊れていようと特に問題ありません。

むしろリフォーム代金が上乗せされていないぶん価格が安くなることで、購入してもらえることがあります。

リフォームする必要性は原則的にはない

リビングのイメージ

リフォームは不動産の価値を維持する場合には有効な手段となりますが、売却時には原則的に不要です。

なぜならば買主は中古物件を求めているからです。

キズや汚れのない新築同然の物件が欲しいのならば、最初から新築物件を探します。

売主としては少しでもきれいに見せたいものですが、買主はそれほど気にしてはいません。

もしリフォームするかどうか悩んでいるのであれば、試しにそのまま売りに出してみてください。リフォームは後からでもできます。

簡易なリフォームなら有効

キッチンのイメージ

基本的にリフォームは不要と言いましたが、安価なリフォームは有効です。

たとえば壁紙がボロボロだったり、ふすまや障子が破れていたりすると見た目以上に劣化を感じるため、内覧時の印象が悪くなってしまいます。

ちょっとしたキズ・汚れならば問題ありませんが、広範囲に及んでいる場合は交換したほうが良いでしょう。

トイレやキッチン等のリフォームとは異なり安価で済むため、売主の負担はほとんどありません。

1分で完了!無料オンライン査定に申し込む
0120-172-1110120-172-111営業時間 9:00~19:00 定休日 水曜日

ページトップへ