不動産を売却する際にかかる諸費用まとめ

一戸建て住宅やマンション、土地などの不動産を売却する際には仲介手数料をはじめ、印紙税や測量費用、リフォーム費用など、さまざまな諸費用・税金がかかります。また、所有している物件に住宅ローンの残債がある場合には、その返済資金のほかにローンの抵当権を抹消するための費用も必要です。
後から予算に入れてない費用が見つかったり、その後の計画に支障が出たりしないように、売却前に必要な諸費用をしっかりとチェックして把握しておきましょう。

仲介手数料

書類のイメージ

売却が成立した際、売買契約を仲介した不動産会社に支払う手数料です(消費税別途)。仲介手数料は宅地建物取引業法により上限が定められています。

仲介手数料の上限

2014年4月1日以降の売買については、売買価格の金額区分ごとに上限が変更して定められています。

売買価格 媒介報酬(仲介手数料)
200万円以下の部分 取引額の5.40%以内=(5%+消費税)
200万円~400万円の部分 取引額の4.32%以内=(4%+消費税)
400万円をこえる部分 取引額の3.24%以内=(3%+消費税)

印紙代

メモ帳のイメージ

売買契約の際、契約書に貼る収入印紙代が必要です。金額によって税額は変わります。ちなみに売却物件が5,000万円をこえると税額は跳ね上がります。

売却物件が5,000万円をこえると30,000円上がる

  • ・売却物件が1,000万円以上~5,000万円以下:印紙税15,000円
  • ・売却物件が5,000万円以上~1億円以下:印紙税45,000円

登記費用

パソコンで作業をするイメージ

抵当権抹消費用

金融機関に設定されている抵当権を抹消するために必要な費用です。売却する物件に借入金に対する抵当権などが設定されている場合に必要です。費用は抵当権の本数や依頼する司法書士への手数料によって異なりますが、1万円~2万円が目安となります。

住所変更登記費用

登記上の住所と現住所が異なる場合、住所変更登記が必要です。また、不動産の所有権が変わった場合は所有権移転登記を行います。この場合も売主の印鑑証明書が必要となるため住所変更登記が必要です。

測量費用

三角定規のイメージ

売却物件に土地が含まれており、境界が確定できない場合や、売買条件の条項に売り主側が新たに測量を行うことが盛り込まれている場合に必要です。土地の形状や広さによって費用は異なります。

引越し費用

家族で会話をするイメージ

売り主が売却する物件に住んでいなければ必要ありませんが、逆に住んでいる場合には、当然引越し費用もかかります。

リフォーム費用など

老夫婦のイメージ

売却物件のリフォームする場合には程度の差こそあれ、リフォーム費用がかかります。また、引き渡し条件にリフォーム渡し、更地渡しなどの文言が盛り込まれている場合にも対応するための費用が必要です。

譲渡所得税・住民税

講義をするイメージ

不動産売却に伴って譲渡益が発生した場合、所得税・住民税が必要となります。各種優遇税制があります。詳細は担当者にご相談ください。

1分で完了!無料オンライン査定に申し込む
0120-172-1110120-172-111営業時間 9:00~19:00 定休日 水曜日

ページトップへ